「イベントレポ」SEVENTEEN パワフルでキュートな多面体の魅力が全開! 2016 ‘LIKE SEVENTEEN - Shining Diamond’ in Japan CONCERT

02_shiningdiamond_160809_rr_0690 韓国の13人組ボーイズグループSEVENTEENが8月9日、東京・中野サンプラザで『2016 ‘LIKE SEVENTEEN - Shining Diamond’ in Japan CONCERT』を開催した。昨年5月26日にミニアルバム『17CARAT』で韓国デビュー。以来、同アルバムはビルボードが選ぶ「The 10 Best K-Pop Albums of 2015」にランクイン、2ndミニアルバム『BOYS BE』がビルボードワールドアルバムチャート1位となった上、今年初めには「ソウル歌謡大賞」「ゴールデンディスクアワード」で新人賞を受賞するなど、破竹の勢いで上昇気流に乗るSEVENTEEN。8月5日から大阪で2公演、東京3公演のスケジュールで行われた初の日本コンサートは、この日で最終日を迎えた。01_opening_160809_rr_0584

客電が消えると同時に、ファンはオールスタンディングに。超満員の客席では、ペンライトがダイヤモンドのような輝きを放ちながら、大きく揺れはじめた。
力強いビートが会場に鳴り響き、『Shining Diamond』のイントロとともにスクリーン前のステージがせり上がる。13人のシルエットが浮かび上がると、会場は悲鳴に包まれた。伸びやかなボーカル、彩るラップ、パワフルなダンス。白いシャツとカーキ色のパンツに身を包んだメンバーは、『Rock』 『Chuck』と続くアップビートの曲でキレのある群舞を見せ、ファンをSEVENTEENの世界へ一気に引き込んだ。

03_performanceteam_160809_qq_0821 3曲が終わったところで、一列に並び、「アンニョンハセヨ、SEVENTEENです!」とあいさつ。大歓声のなか、「天使ジョンハンです」「ジェントルマンジョシュアです」「ウジです」「小さな巨人ディノです」「いま何時~?10時10分!きらきらホシです」「メインボーカルのドギョムです」「バーノンです」「ウォヌです」「無限大の可能性を秘めたディエイトです」「ジュンです」「12人を率いるSEVENTEENの統括リーダーエスクプスです」「メインボーカルスングァンです」「ビジュアル有望株ミンギュです」と自己紹介。ひとりひとりに大きな拍手が送られた。
会場を見渡したスングァンは、「反応がすごく熱いですね。感動的です。今日のコンサートは本当に楽しくなりそうな気がしてきました」とワクワク顔に。「最後まで楽しみましょうね。ストレスは全部吹き飛ばしましょう!」と、ホシがガッツポーズを取る。都内の気温は35度を超え猛暑日。スングァンは、「外よりもこの会場のほうがもっと熱いと思います。コンサート最終日なので、燃え尽きる覚悟でいます」と気合を見せると、ミンギュも「僕の体を燃やし尽くそうと思います!」と拳を握りしめた。また、ドギョムが「螺旋丸!」と大好きなアニメ『NARUTO‐ナルト‐』の主人公うずまきナルトの物まねや「ありったけの夢を~かき集め~♪」とアニメ『ONE PIECE』の主題歌『ウィーアー!』の冒頭を披露すると、会場は大爆笑となった。

オレンジのライトに包まれた『HIT SONG』は、一転してスローテンポの曲。都会の夜景や雨の風景をバックに歌う『Drift Away』をしっとりと歌った後は、ミディアムテンポで明るい『Still Lonely』で軽やかなステップを踏む。『Q&A』 ではエスクプスがウジの頭をツンツンとつついたり、バーノンと肩を組んだり、おちゃめな雰囲気で盛り上げた。
(2ページにつづく)

 

2016.09.16

blank