ドラマ「月の恋人」イ・ジュンギとは殺伐のIU、カン・ハヌルとは甘い雰囲気

≪ドラマNOW≫「月の恋人」イ・ジュンギとは殺伐のIU、カン・ハヌルとは甘い雰囲気

※ネタバレになる内容が含まれています。

30日に放送されたSBSドラマ「月の恋人−歩歩驚心:麗」(邦題「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」)3話では、ワン・ソ(イ・ジュンギ)とヘス(IU)の悪縁が続き、ワン・ウク(カン・ハヌル)とは甘い雰囲気が続く様子が描かれた。

ヘスはワン・ソに自分のことばかり見ていると殺そうとすると言われ、気分を害していていると、ワン・ウクはそんなヘスを慰めた。

ワン・ソはヘスをヨンでは、ヘスに山で見たことを全て思い出すように言った。ヘスは覚えていると言ったが、ワン・ソはヘスの顔をつかみ、もっと話せと言った。

ワン・ソはヘスに「二度と私の目の前に現れるな」と言うと、ヘスは「私の何がいけないの?自分が殺すと言ったのではないか。どうやってでも生きないと。無駄死にしろとでも?」と怒った。

ワン・ウクは夫人ヘ氏(パク・シウン)にヘスを荷物だと思ったことはないとし、「楽しい」と言った。

WOW!korea提供

2016.08.31

blank