2PMハイタッチ会&日本デビュー1周年記念イベント開催!!

 

アジアNo.1“野獣アイドル”2PM(トゥーピーエム)が12月10日(土)千葉県、幕張メッセ・イベントホールにて、ハイタッチ会と日本デビュー1周年記念イベント“Japan Debut 1st Anniversary”を開催した。

2pm同イベントは、初登場4位にランクインした3rdシングル「Ultra Lover」(11月2日発売) の購入者対象ハイタッチ会と11月30日に発売された日本1stアルバム「REPUBLIC OF 2PM」の購入者対象の1周年イベントを同日に実施したプレミアムイベント。

第一部のハイタッチ会はそれぞれメンバーのブースにファンが並ぶ方式で行われ、好きなアーティストに至近距離で会えるチャンスを生かそうとメッセージボートや似顔絵、応援グッズを手にアピールするファンの姿が多く見られた。

 

 

緑のネコのボードや手作りネコグッズを手にするテギョンファン、パンダ好きのジュンスのブースではパンダのぬいぐるみやTシャツ、パンダの被り物のファンの姿も、バナナ好きのチャンソンのブースではバナナグッズを持ち、ハイタッチするファンが多かった。

 

2pm2pm2pm

 

 

ウヨン、ジュノ、ニックンのファンもそれぞれの応援カラーを身に付けたり、グッズを持って演出するなどの工夫を凝らし、また12月という季節柄様々なサンタの扮装をしたファンの姿もあった。

ハイタッチ会では笑顔で自らファンへ手を差し伸べるテギョン、「もう少しゆっくり・・」とファンへ優しい気遣いを見せるウヨン、終始笑顔なジュノ。ジュンスも一人、一人の声に耳を傾けるなど、ファンサービスにつとめ、チャンソンは小さい男の子からの「ファイテン!」の声援にパワーをチャージしたようだ。

ニックンも男性ファンからの激励に「ハイ!」と男らしく応えるなど、10時から16時と長時間ではあったが疲れを見せず、それぞれファンとの絆を深めた。女性はもちろん、小さい子から男性と幅広いファンを持つ2PMはこの日、前回を大幅に上回る延べ6万3000人の参加と圧倒的な人気を証明した。

 

2pm2pm2pm

 

 

第二部の“Japan Debut 1st Anniversary”はアルバム購入者の中から抽選で当たった幸運な約1万人が参加するイベント。それぞれの個性にピッタリのフォーマルな印象のブラックスーツで6人が登場すると会場は熱狂的な歓声に包まれ、メンバーそれぞれが挨拶するたびに一段と大きな歓声があがった。

2pmテギョンが「(大歓声に)ビックリしました。皆さん!僕たちのアルバムもう全部聞いてくれましたか?」と声をかけると会場からは「ハ~イ」と大合唱が。続いてこれまでの日本での活動を収めた「一周年特別映像」を見ながらトークコーナーへ。

国技館でのライブ、沖縄や屋形船での撮影風景、テレビ収録の模様やオフショット風景など貴重な映像を見ながらその当時を振り返った。

一番印象に残っていることはと聞かれたジュノは「Zeepツアーです。たくさんの方に近くでお会いできたことがうれしかったです」ニックンは「ミュージックステーションに出演できたことです。」ジュンスは「日本に来れたことそのものが光栄です」とそれぞれその思いを語った。ファンからの「もし魔法が使えるとしたら何をお願いする?の質問にテギョンは「時間を止めて、死んだように眠りたい(笑)」と忙しい彼らの悩みものぞかせ、ウヨンは「マイケル・ジャクソンさんと一緒にステージでパフォーマンスしたい」とウヨンならではの答えに会場も納得。

ジュノは「瞬間移動で富士急に行きたい。怖い乗り物が好きだから・・・。一緒に行きましょう!」と会場のファン1万人を誘う一幕も。また覚えて欲しい韓国語をメンバーそれぞれが紹介、ジュンスは大邱(テグ)の方言を、ニックンもタイ語を披露した。

2pmイベント中盛り上がりを見せたのはブロック対抗の○×クイズ大会で会場を6つのブロックに分け、それぞれ2名を選出、計12名がステージに上がり、メンバーにちなんだクイズに挑戦するというもの。優勝したブロック全員にプレゼントが当たるというのでその応援にも熱が入った。

またメンバーの私物や衣装などのプレミアグッズの抽選会も行われ、当選者が発表される毎に歓声が上がるなどメンバーもファンも大興奮となった。ここで6人の前に1周年を記念したケーキがサプライズで登場すると彼らのテンションは最高潮に。ファンと一緒に1周年を祝い、2PMからはジュンスがファンの為に作ったアルバム収録曲“離れていても”を美しいハーモニーで歌い上げ、ファンへの一足早いクリスマスプレゼントとした。

最後にチャンソンが「皆さん本当にここに来て下さってありがとうございます。これからも僕たち頑張ります」と挨拶、ニックンは「風邪を引かないように気をつけてください」とファンを気遣い、ジュノは「これからもずっといっしょにいましょう」と呼びかけた。ジュンスは「この1年間たくさん愛して下さり本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を伝え、テギョンは「次のライブで会いましょう」と最後にウヨンが「おやすみなさ~い。サンキュー!」と声をかけてステージを後にした。

2PMの日本で初となるアリーナツアー「2PM ARENA TOUR2011“REPUBLIC OF 2PM” 」は現在10万人を動員、21日に日本武道館でファイナルを迎える。写真:チャニ・キム

★2PM Official HP(PC) http://www.2pmjapan.com<b
r /> ★2PM Hottest Japan Mobile (携帯) http://www.2pmjapan.com

 

2011.12.10

blank