K-POPガールズグループ「T-ARA」ついに日本上陸!Show Case開催!!

 

t-araK-POP人気ガールズグループT-ARA(ティアラ)がいよいよ日本上陸し、本格デビューを9月に控え、記念するショーケースライブを5日、東京・SHIBUYA-AXにて開催した。
“歌謡界の女王となって王冠(ティアラ)をつける”という意味で名付けられた「T-ARA (ティアラ)」は2009年7月に韓国でデビューした7人組のスーパーマルチガールズグループ。他のK-popガールズグループとは異なり、メンバーそれぞれが韓国では女優として映画、ドラマに出演しているほか、バラエティ、CMなど様々な分野で活躍。その多岐にわたる才能を集結した7人がいよいよ日本進出を実現し、本格的に日本での活動をスタートさせることとなった。

この日のショーケースは無料招待制でHPからの応募抽選による1500名の招待に101,186通の応募が殺到し、67倍の倍率のプラチナチケットとなった、そして韓国からも約50人のメディア関係者が取材に訪れる等、T-ARAへの注目度の高さが証明された。

 

t-arat-arat-ara

 

 

t-arat-arat-arat-ara

 

 

マスコミ向けに行われた第一部では、2009年に韓国で大ヒットした「Bo Peep Bo Peep」をはじめ、今年7月に韓国で発表した最新曲「Roly-Poly」など4曲を披露、真っ赤な衣装でキュート&セクシーな「ねこダンス」等パフォーマンスを繰り広げ、マスコミ報道陣からも歓声が上がった。さらに、日本で同じレコード会社に所属するSHINeeや、BEAST、超新星、そして俳優のソン・スンホン、チャン・ヒョク、ドラマ「ドリーム・ハイ」で共演したキム・スヒョン、キム・ボム、そして、チャン・グンソクなど、多くの韓国芸能人からのお祝いメッセージがVTRで流され、T-ARAへエールが送られた。

 

t-arat-ara

 

 

終了後、囲み取材が行われ、取材開始前には報道陣数名に「ねこダンス」で使用したねこの手の形をしたサイン入りグローブをサプライズでプレゼントした。そして、日本デビュー曲に決定している「Bo Peep Bo Peep」については、ウンジョンは「とてもかわいい曲なので、日本の多くの人たちが好きになってくれると思います」と語り、キュリからは「日本語の発音が難しかったけどすごく楽しかったです」と話してくれた。2部のファンに向けてのショーケースについては「ドキドキして緊張しているけど一生懸命頑張ります、色々な姿を見せたいです」とメンバー全員が意気込みを語った。

日本語での自己紹介後、それぞれのチャームポイントは?との記者からの質問には並び右から、ファヨンは「目」、ウンジョンは「笑顔とスタイル」、ソヨンは「親近感、フレンドリー」、ボラムは「唇」、キュリは「鼻の上のホクロ」、ヒョミンは「セクシーな笑顔と表情」、ジヨンは「笑顔」とそれぞれキュートな表情で答えた。

t-araまた、個性的な衣装についての質問には、ヒョミンから「最初は耳や手をつけることに対してどうなのかなと戸惑いもあったけれど、コンセプトがしっかりしたので、今は私たちの方がこれがいい、あれがいいと提案しています」、ソヨンからは「セクシーなものやパワフルなものにトライしたけど、最近は初心に戻り清純派の衣装もやりたいと思っています」と答えた。ねこの手の動きを取り入れたキュートでセクシーな「ねこダンス」旋風が日本にも湧き起こるか、この日集まった報道陣約300社の取材陣の期待と関心の高さからも、今後のT-ARAの活躍に目が離せない!

■8月14日(月)午後4:00~5:00 スカパー!HDでショーケースの模様を3D放送
■8月27日(土)午後7:30~8:30 ショーケース、密着映像等スペシャル番組がフジテレビNEXTで放送

 

2011.07.05

blank