「会見レポ」BEAT WIN、「BIGBANGや東方神起のように韓国と日本でツアーをしたいです! 」

DSC_9137

ことし1月7日に韓国で、シングル「Exclusive」をリリースし、デビューを果たしたばかりの期待の新人アイドルグループ「BEAT WIN」が、2月23日(日)東京・タワーレコード渋谷店でのライブイベントに先立ち、同所にて来日記者会見を行った。

「BEAT WIN」は“勝ち抜こう”という意味を持ち、「BEAT WIN」だけの魅力で、どんなステージも思いのままに掌握するという意味が込められている。
メンバーは、歌手になるという夢を抱き集まったリーダーのソニョク、ヨンジョ、サンギュ、ジョンハ、ソンホ、ユヌの6人。韓国デビュー前の昨年9月には、「日本修行の旅」と題して、新大久保のSHOW BOXなどで20回以上ライブを行い、すでに日本でも人気上昇中だ。

DSC_9122 DSC_9120 DSC_9115 DSC_9109 DSC_9102 DSC_9096

今回は、韓国デビュー後初来日。報道陣の前に、それぞれ個性的な衣装、ヘアスタイルで現れた「BEAT WIN」は全員で声を揃え、「こんにちは。『BEATWIN』です。よろしくお願いします! 」と元気よく、日本語であいさつ。
それぞれ「ボーカルを担当しているリーダーのソニョクです」「ラップを担当しているユヌです」「ボーカルを担当しているサンギュです」「ボーカルを担当しているマンネ(末っ子)のソンホです」「ボーカルを担当しているヨンジョです」「ラップを担当しているジョンハです」と自己紹介を終えた後、質疑応答がスタートした。

最初は硬い表情で緊張している様子のメンバーたちだったが、新人らしく若さと勢いを武器に、徐々に笑顔があふれていった。

DSC_9177 DSC_9176 DSC_9175

-日本で修業の旅をすることが決まったときの心境と、実際に修行の旅をして得たものを教えてください。
ソニョク:日本に来たことのあるメンバーと初めてのメンバーがいたんですが、最初にその話を聞いたときは、本当にワクワクしました。日本に来てからは、文化についていろいろ学びましたね。礼儀だったり、学ぶべきことが多いと感じました。

-1月に韓国でデビューされましたが、感想をお願いします。
ソンホ:デビューステージに立ったときは、メンバー同士アイコンタクトをしながらお互いを信じて、一生懸命頑張ろうと臨みました。もちろん多少の緊張はありましたが、メンバーが一緒だったので、思っていたよりは緊張しないでできました。準備していたものを十分にお見せできなかったのが心残りではありますが、デビューすることができて、胸がいっぱいになりました。

DSC_9080 DSC_9082 DSC_9089 DSC_9093 DSC_9086 DSC_8960

-それぞれ自分の魅力ポイントを教えてください。
ソニョク:自分で言うのも恥ずかしいんですが、細身の脚の長いスタイル、小さな顔、長身なところが魅力ではないかと思います(笑)。
ユヌ:笑ったときに三日月のようになる目と、大きな口が魅了だと思います。
サンギュ:僕の体を触った人たちから、ガッチリしていると言われることが多いので、筋肉質の体つきが長所だと思います(笑)。
ソンホ:愛嬌が自分の魅力だと思います。
ヨンジョ:天然なところが魅力だと言われるんですが、自分でもそうだと思っています(笑)。それともう一つ、顔に似合わず、運動しているので体が大きいことも魅力だと思います。
ジョンハ:僕は声が大きく、重低音な声だと言われるので、それが魅力ではないかと思います。

DSC_9184

-近い将来の目標と、長期的な目標を教えてください。
ソニョク:K-POPブームでたくさんの歌手、アイドルが活躍されていますが、その中で、「BEATWIN」ならではの色、魅力をお見せすることが近い将来の目標です。また、これから先、揺るぎないグループの形を作り、初心を忘れないように活動をしていくのが大きな目標です。
ユヌ:近い将来の目標としては、「BEAT WIN」をもっと多くの人に広めて有名になり、良い姿をお見せすることです。長期的には、メンバー同士お互いを信頼し合い、いつまでも変わることなく、長くグループ活動をしていくのが目標です。
サンギュ:グループが有名になって、コンサートやイベントなどで、ファンと触れ合いながら、頑張っていきたいです。コンサートなど、日本でも活動をしていきたいです。
ソンホ:初心を忘れないグループになれたらいいなと思います。個人的な目標としては、歌手としてだけでなく、俳優、タレントとしても活躍したいです。
ヨンジョ:近い目標は、今もメンバー同士仲が良いですが、さらに絆を深めてチームワークをしっかり固め、グループを成功させること。また、将来的には日本語を一生懸命勉強して、ファンや関係者と日本語で交流できるようになりたいです。
ジョンハ:まずは韓国でも日本でも、多くの人に自分たちのことを知ってもらうのが第一。長期的には多くのファンに愛され、韓国と日本でツアーコンサートをすることが目標です。「BIGBANG」先輩、「東方神起」先輩、RAIN先輩なども韓国と日本でツアーをされているので、僕たちもやってみたいです。

DSC_9217

-グループのメンバーを家族に例えると? 
ソニョク:グループでお母さん役を担っているソニョクです(笑)。
ユヌ:僕は思春期の息子役を担当しているユヌです。
サンギュ:時には厳しく、時には甘いお父さんのようなサンギュです。
ソンホ:僕はヨンジョと結婚した妻役をします(笑)。
ヨンジョ:じゃあ、僕はソンホと結婚したけど、ジョンハを好きな天然の叔父役をします(笑)。
ジョンハ:僕は男に興味がない、後ろは振り向かず、前だけを向いて突き進む、グループの中間にいる弟役をします。なんか、ヘンな方向に話がいってしまいましたが大丈夫ですか? (笑)

DSC_8968 DSC_8970 DSC_8966

-今後、日本のファンとやってみたいことはありますか? 
ソニョク:ファンの方と一緒にカフェとかで、ゆっくり話せる時間を作りたいです。
ユヌ:ファンの皆さんとは仲良く近い関係で、近所のお兄さんのように親しく過ごしたいです。
サンギュ:ファンの皆さんとディズニーランドに行ってみたいです。楽しそうじゃないですか?
ソンホ:僕はファンの皆さんと一緒にカラオケに行きたいです!
ヨンジョ:日本語を一生懸命勉強して、ファンの方と日本語で話してみたいです。僕たちについて、どんな話をしているのか、どう思っているのか直接知りたいです。
ジョンハ:僕はファンの方を韓国に招待して、韓国文化をいろいろ伝えたいです。

芸能界で第一歩を踏み出したばかりだが、しっかりと将来を見据えた目標を定め、6人6色の魅力を持つ「BEAT WIN」。自分の魅力を語る場面では、恥ずかしそうにはにかみ笑いを浮かべながら素直に答える初々しさもあったが、言葉の節々に、「頑張りたい! 」という一生懸命さが伝わってきた。質疑応答後のフォトセッションでは、手でハートマークを作るキュートなポーズから、カッコいいキメポーズまでバリエーション豊かな表情を披露。さらに、記者会見終了後も、握手会のようにメンバーが横一列に並び、報道陣一人ひとりと握手をしながら「ありがとうございました」「よろしくお願いします」と意気込む姿が微笑ましくもあり、たくましくもあった。

その後「BEAT WIN」は「タワーレコード渋谷店ライブイベント」に向け、ステージを後にし、準備に入った。

DSC_8948 DSC_8960

「BEAT WIN」 ジャパンオフィシャルファンサイト
http://www.beatwin.jp/
取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

2014.03.04