生きることへの希望を ~

株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:矢島 重比古)は、2010年6月、 自社テレビ局「DATV」(スカパー!750ch.、イッツコムTV 311ch.)によるチャリティ企画 “ほほえみプロジェクト”を始動いたします。“ほほえみプロジェクト”の第1弾企画は、近日中に発表される。 DATVほほえみプロジェクト 2009年10月の開局以来、アジアのエンターテインメントを中心に番組を提供してきたDATV。 今回、DATVはチャリティ企画“ほほえみプロジェクト”を始動し、アジアを愛する皆様の気持ちに応え、 そしてアジアを愛する私たちの感謝の気持ちを伝えるべく、また、アジアの子供たちに笑顔と生きることへの 希望をあたえる一助になるべく、チャリティ活動を行ってまいります。 明日を担うより多くの子供たちが 微笑み溢れる毎日を送っていけるよう、そして、その微笑みの輪が少しでも多くの人々に広がるよう、 イベントやオリジナル番組など様々な企画を実施、寄付を予定しております。 DATVでは今後もアジアのコンテンツや情報を皆様にお届けし、より楽しく、 より豊かな生活となるよう彩らせていただくほか、チャリティ活動にも積極的に取り組むことにより、 社会に貢献してまいります。どうぞご期待ください。

 <ほほえみプロジェクトとは>

公式サイト http:// hohoemi.datv.jp/ DATVが子供たちの笑顔を守るためのチャリティ活動を行っていく社会貢献活動プロジェクトです。 収益の一部は、「認定NPO法人 国境なき子どもたち(KnK)」などを通じて、 カンボジアやフィリピンを中心としたストリートチルドレン、人身売買の被害者、暴力や性的被害に遭った青少年、 極貧家庭出身の青少年などを救う活動に寄付されます。

◆DATV理念◆

近年、アジアのスターが国境を越えて華々しく活躍し、多くの方々に夢を与えている一方で、同じアジアの中には、 帰る家も家族もなく、その日の食べ物さえ手にすることができない人々が多く存在しています。 特に子供たちは、抜け出すことのできない貧困の中で、想像を超えるほどの過酷な暮らしを強いられています。 私たちは開局当初から、多くのアジアのスターの方々に接して参りましたが、彼らがそれぞれ積極的なチャリティ活動を 行っていることを目にし、アジアのエンターテイメントを発信するメディアとして、 私たちにも何かできることはないだろうかと日々模索しておりました。 そうした想いを実現していくために、“ほほえみプロジェクト”を立ち上げようと活動する中で、 ご縁があって「認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)」と出会う機会があり、その活動理念や趣旨、 そしてこれまでの活動実績に非常に感銘を覚え、当プロジェクト立ち上げ当初の支援先とさせていただくことにいたしました。 私たちは、このプロジェクトを通じて、アジア全域の子供たちが微笑むことのできる日を目指し、 国境を越えてアジアを一つにするチャリティプロジェクトに育てていくことで少しでも 社会に対する貢献をさせていただくことができればと願っております。

●「認定NPO法人 国境なき子どもたち(KnK)」事務局長 ドミニク レギュイエ氏コメント

● 私たちは生まれてくる場所を選ぶことはできません。それにも関わらず、生まれる場所によって 子どもたちの人生の選択肢は大きく異なっています。この度、こうした現状に対し、 “ほほえみプロジェクト”を通じてアジアの恵まれない青少年へ手を差し伸べられることを非常に心強く思っています。 アジアの子どもたちも日本の皆さまと同じように、微笑みを交わし合える未来を望んでいます。 どうか子どもたちの未来が明るく微笑みに満ちたものとなるよう、皆さまのご協力をお願いいたします。

ほほえみプロジェクト株式会社デジタルアドベンチャーについて

株式会社デジタルアドベンチャー(DA)は、デジタルコンテンツの携帯電話への配信や韓流ドラマなどの コンテンツの権利を取得し、商品化・販売をメイン事業として行ってまいりました。 2009年5月、 ペ・ヨンジュンなど所属アーティストのマネジメントをはじめ、スター発掘・イベント企画、ま た外食事業など日本におけるアジアコンテンツの普及活動を行ってきたビーオーエフインターナショナル株式会社と合併し、 両社がこれまで培ってきた実務経験とノウハウをもとに新生企業として新たな一歩を踏み出しました。 2009年10月1日には自社テレビ局DATVを開局。“Discover Asia-enta! TeleVision”をテーマに、 アジアのプレミアムコンテンツを中心に放送しております。 DAは今後、アジアを舞台として文化交流をはじめ様々な分野で飛躍を遂げ、総合エンターテインメント企業  として社会に寄与してまいります。 認定NPO特定非営利法人国境なき子どもたち(KnK)について 国境なき子どもたち(KnK)は開発途上にある国々のストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子ども、 大規模自然災害の被災児など、恵まれない青少年を支援するNGOです。 日本と諸外国の子どもたちがお互いの理解を深め、 友情を育み、共に成長していくことを目的に1997年に日本で設立されました。 2010年には認定NPO法人として国税庁長官から認定され、現在はアジアを中心に11ヶ国で活動を展開しています。 特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォームについて(本プロジェクト運営事務局) チャリティ・プラットフォームは2007年設立の「NPOを支援するNPO」です。 寄付先として信頼できるNPOを厳選し紹介する NPOのデータベース 「“CHARITY NAVI”(チャリナビ)」の運営し、Web上でSay LOVE」では、NPO活動の認知を目指し、企業と共にチ ャリティキャンペーンを展開。 チャリティ・プラットフォームは、「NPO」と社会貢献の気持ちを持つ「支援者」の間に立ち、 人々にとって社会貢献の機会を身近なものとすることで、寄付の文化を創造していくことを目指しています。   プロジェクト第1弾企画は、近日中に発表いたします。 公式サイト http://hohoemi.datv.jp/

2010.06.09

blank