映画『ヒマラヤ』クレイジージャーニー達からも絶賛コメント到着

mainエベレスト標高8,848メートル、頂上まで約100メートル
まさに、人間が近づくことが許されない神の領域。そこに、俺たちの仲間が眠っている―。
映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』
クレイジージャーニーたちから大絶賛コメント到着!

 

山岳史上最も壮絶な挑戦を行った伝説の登山家オム・ホンギルと仲間たちの軌跡を描いた『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』がいよいよ7月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次ロードショーとなります。

アジア初ヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した、実在の登山家オム・ホンギルが率いる“ヒューマン遠征隊”が、エベレストで死んだ仲間の亡骸を探すため、記録には残らない命を懸けた過酷な遠征を描いた本作。sub4sub5

TBSの人気番組「クレイジージャーニー」に出演した洞窟探検家の吉田勝次さんと、サバイバル登山家の服部文祥さんから本作にコメントを頂きました。

 

人は一人で生きていません。いっしょに生きてくれた仲間がいます。人は厳しく辛い環境に置かれてもいつものようにその人達を思いやることができるだろうか?もう一度!「絆」というものを考えさせられる映画だと思いました。
‐ 洞窟探検家 吉田勝次‐

 

若いときは野望で登る。登山者としていっぱしであることを示したくて、必死に背伸びする。韓国のヒマラヤ登山事情は日本に似ていた。ヒマラヤに魅せられた登山家の生き様が素直に描かれている。そして、死生観もまた我々は似通っていた。野望が満たされたとき、登山者は仲間のために山に向かう。
‐サバイバル登山家 服部文祥‐

 

数々のクレイジーな偉業を成し遂げてきた二人も、オム・ホンギルの命がけの遺体回収に度肝を抜かれながらも、彼の生き様、そして絆の大切さに共感したようだ。どんな過酷な状況でも諦めず、最後まで戦ったオム・ホンギルと仲間たちの真実の77日間を劇場で確かめて欲しい。sub1sub6

また本作の公開を記念しまして、8月6日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町にてスペシャルトークショーを実施!八ヶ岳で滑落し九死に一生を得ながらも、本年5月23日に日本最年少でエベレストに登頂したばかりの南谷真鈴さんと、以前は登山も志し、幾度も危険に会いながらも未踏の洞窟に挑戦し続ける吉田勝次さんにご登壇いただき、オム・ホンギルの偉業について、エベレストや洞窟の魅力また、極限な場所に危険に向き合いながらも挑戦続ける想いや素晴らしさなど、普通では聞けない臨場感溢れるトークショーを行います!

 

詳細は公式サイトをご覧ください→http://himalayas-movie.jp/

sub3sub2

映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』7月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

 

<あらすじ>登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は引退後、ヒマラヤ4座を共に登頂した最愛の後輩ムテク(チョンウ)が悪天候のため、下山中に遭難死したことを知る。そこは人間が存在できない“デスゾーン”エベレスト地上8,750メートルの地。誰もが遺体回収を諦める中、ホンギルは数々の偉業を成し遂げたかつての仲間たちを集め“ヒューマン遠征隊”を結成。エベレスト山頂付近の氷壁に眠る仲間のため、山岳史上最も危険で困難な登攀に挑む。“必ず迎えに行く”友との最後の約束を果たすために-。

ポスタービジュアル

監督:イ・ソクフン『パイレーツ』
出演:ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』、チョンウ「応答せよ1994」、
チョ・ソンハ『サスペクト 哀しき容疑者』、キム・イングォン『王になった男』、
チョン・ユミ『トガニ 幼き瞳の告発』

 

2015年/韓国映画/124分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル/日本語字幕:小寺由香/原題:히말라야 /配給:CJ Entertainment Japan /宣伝協力:木村和也/協賛:大韓航空 (c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
公式HP:himalayas-movie.jp

 

7/30(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

2016.07.29

blank