俳優ユン・シユン主演「魔女宝鑑」、JTBCの金土ドラマの救世主に!

À±½ÃÀ±-°û½Ã¾ç, '±è»õ·Ð ¿·¿¡¼­ ²É¹Ì¼Ò ¹«ÀåÇØÁ¦'

「魔女宝鑑」が、普通以上の話題を集めてJTBCの金土ドラマの座を押し堅めている。話題性が視聴率の上昇にまでつながり、引き続く好材を生んでいる。
視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、28日午後8時30分から放送されたJTBCの金土ドラマ「魔女宝鑑」の第6話は、首都圏有料家具広告除外基準で3.6%を記録した。

「魔女宝鑑」がちょうど第6話の峠を越えたという点で今後のストーリーの展開によって視聴率の上昇幅が徐々に広まることと予想される。
JTBCとしては、久しぶりに視聴率の弾力を得たドラマが誕生したわけだ。「魔女宝鑑」が放送される前のユン・シユン、キム・セロンというライジングスターのキャスティングで話題になる一方、タイトルロールではちょっと弱いのではないかと言う心配があった。

しかし、「魔女宝鑑」は堅固なストーリーとユン・シユン、キム・セロン、クァク・シヤンなど若い俳優の共演と活躍が引き立って話題を引き継いだ。そこにヨム・ジョンア、イ・ソンジェなど先輩演技者の活躍が加わってファンタジーフュージョン時代劇の魅力を高めた。
「魔女宝鑑」は、復讐を始めるユン・シユンとキム・セロンと、彼らと敵対するようになるヨム・ジョンアの姿など、興味深いストーリーを予告した。

2016.05.30

blank