ハン・ソッキュ、コ・ス、ソン・イェジンが映画『白夜行』試写会に参加。

 

10日午後、ソウル市往十里CGVで映画『白夜行』の試写会が開かれた。この日の試写会には主演俳優のハン・ソッキュ、コ・ス、ソン・イェジンが出席し、マスコミ関係者と共に映画を見た後、歓談会が行なわれた。

映画『白夜行』試写会  映画『白夜行』試写会  映画『白夜行』試写会

試写会後に行なわれた歓談会でコ・スは、今回の映画に対する満足感についての質問に「普段の生活ではそうではないが、作品をする時や目標があってする事にはあまり満足出来ない性格」とポーカーフェイスを維持した。「不足な姿だけ見せた。まだTVに映る私の姿をよく見れないスタイルだ。見慣れず顔が赤くなったり顔が熱くなったりする。私が出た映画は観客性がないように見られるので、よく分からない」 映画の男女主人公(コ・スとソン・イェジン)は絡むシーンがない。電話で通話したり壁を挟んで対話をした。無理に会わなくても外的想像をよくしたという。

ヨハン(コ・ス)はどんな生活をし、ミホ(ソン・イェジン)とはどんなエピソードがあったのか想像しなければならない。

ソン・イェジンは「本当にしたい運命的な作品だと思ったが、撮影を控えてミホの痛みを理解するのが大変だった」と話し、「セリフが特にないので表現方法が少なかった。ミホの痛みを胸に秘めたまま顔はいつも可愛く笑っていなければなく、静的な演技が簡単ではなかった」と付け加えた。

一方、パク・シヌ監督は「ハン・ソッキュ先輩は演技する機械のように演技が体に体得していた」とし「瞬間の感じも完璧に具現し、私が演技に対して注文する必要がなく、毎瞬間驚かされた」と高く評価した。コ・スの演技については「映画を撮影する間、外出もしないで太陽の光も見なかった。

現場でも口数が少なかった」とし「コ・スさんは演技だと思えない。ヨハンという人自体になってしまった」と伝え、演技者たちの演技を評価した。 『白夜行』は男女二人の悲しい運命と彼らを追う刑事のミステリースリラーとして、19日に公開される。

映画『白夜行』試写会  映画『白夜行』試写会

2009.11.20

blank