カン・ドンウォンのカムバック作、映画『田禹治』 制作会見開催

 

16日午前、ソウル狎鴎亭CGVで映画『田禹治』制作報告会が開かれた。この日の制作報告会にはカン・ドンウォンをはじめとして、イム・スジョン、キム・ユンソク、ユ・ヘジンなどが参加して、まもなく封切られる映画への質問に答えた。

映画『田禹治』 制作会見 映画『田禹治』 制作会見 カン・ドンウォン

古典小説「田禹治伝」をモチーフにした映画『田禹治』で、カン・ドンウォンはタイトルロールを務める。道術の実力は優れているが、風流と女に関心が強いキャラクター。

朝鮮時代の悪童道士・田禹治が掛け軸に封印され、500年後に妖怪を捕まえるという任務のために現代に現れるというストーリー。アクションとワイアーの映画『田禹治』で、カン・ドンウォンはイケメン田禹治を演じる。

カン・ドンウォンは記者懇談会で「良い言葉ならすべて嬉しい。ハンサムだと言われても良いし、美男だと言われても良い」、「美男という修飾語が、演技に支障をきたすという偏見を破るのも楽しみ」と語った。

イケメンライバルにはヒョンビンとチョ・インソンの名を挙げた。 「シナリオを初めていただいたとき、こんなに大変な映画になるとは思わなかった。命賭けで撮った」と吐露した。「ワイアーアクションが本当に怖かった。落ちれば死ぬだろうと思って、目の前が暗くなった」と恐怖を語った。

田禹治のライバル・ファダム役のキム・ユンソクは、「カン・ドンウォンがワイアーと渾然一体になったとすれば、私はワイアーを掌握した」と誇った。「体で勝負して持ちこたえ、ワイアーを曲げた。私は扶養家族がいるのでワイアーの高さが低目だったし、主に目つきや表情で道術を働かせた」とジョークで答えた。 ワイアーアクションが多くなかったイム・スジョンは、「今までとは違う新しいイメージを作ることが楽しかった」と語った。「単純に一つのイメージだけではなくミステリーな部分、若干おかしな女という部分もある。おかしな女になるほどに監督が喜んだ」と笑った。

チェ・ドンフン監督は「初めての撮影で“地獄に入ったんだな”と感じ、中盤からはどのように出来上がるか不安を感じながら撮影した。終盤に入ってからは気分が良かった」と語った。「新しいアクションが具現される」と自信を表した。 『イカサマ師』のチェ・ドンフン監督が演出した『田禹治』は、寃罪で掛け軸に封じ込められた朝鮮時代の道士・田禹治(カン・ドンウォン)が、500年後の現代に封印から解放されて、世の中を惑わす妖怪と戦う活躍を描いた映画。

カン・ドンウォン、キム・ユンソク、イム・スジョンなどが出演する。封切りは12月23日。

映画『田禹治』 制作会見 映画『田禹治』 制作会見

2009.11.23

blank