「コラム」韓国時代劇を面白くする「悪女たちの朝鮮王朝」

1c17037017f0ebc930510418107f6f64ドラマ『チャン・オクチョン』で張禧嬪(チャン・ヒビン)に扮したキム・テヒ(写真=SBS&SBS Contents Hub. All rights reserved.)

 

悪女と言えば、韓国時代劇の登場人物としてよく描かれるキャラクターである。彼女たちは、政治に介入して朝鮮王朝に混乱を招くことが多かった。どうして、そんなことが許されたのだろうか。そもそも、朝鮮王朝の歴史は王を中心とした男性が仕切っているように思われるが、女性も政治に関与していたのだろうか。

 

裏で政治を仕切る女性たち

朝鮮王朝は王を頂点とする中央集権国家で、官僚が王を補佐していたが、彼らは科挙という試験を受けて出世した人たちだ。女性はその科挙を受けられないので、政治にまったく関与できなかった。

ところが、朝鮮王朝の歴史を見ると、幼くして王が即位した場合は、成人になるまで王族の長老女性たちが摂政をしていた。彼女たちは政治の最終決定ができる立場なので、女帝のように振る舞うこともできた。

つまり、朝鮮王朝の政治の表向きは男性が仕切っていたが、摂政によって長老女性たちが何度も政治に関与していたのだ。そういうときに、一族の利権を独占する偏った政治が行なわれて朝鮮王朝が混乱した。

物事には、何でも表と裏がある。表向きの政治は前述したとおりだが、その裏で王の母や祖母が大妃(テビ)として、王の政治に関与していた。王妃や側室も個人的に王と会話をする機会があって、気弱な王だと彼女たちの意見に左右されやすかった。

さらに、女官の中にも権力志向の強い人がいて、そういう女官が裏で王の政敵を排除することもあった。

日本にも江戸時代に大奥があり、そのときも女性の中での権力闘争はあったのだが、徳川将軍の政治に深く関与することはなかった。朝鮮王朝の大奥は、王の政治に直接関与できたことが、朝鮮王朝と徳川幕府の大奥の違いだ。

 

2245_ドラマ『女人天下』で鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)を演じたカン・スヨン(写真=SBS Productions Inc.)

 

朝鮮王朝の3大悪女

朝鮮王朝には儒教思想が浸透していて、その中で女性は男尊女卑の扱いを受け、低い身分に甘んじなければならなかった。だからこそ、自分の才覚や立場を利用して成り上がろうとした女性がたくさんいたのである。

たとえば、“朝鮮王朝の3大悪女”と呼ばれる3人がいる。

史上最悪の暴君として有名な10代王・燕山君(ヨンサングン)をそそのかして贅沢三昧をした側室の張緑水(チャン・ノクス)、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定王后(ムンジョンワンフ)の手先として働いた鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、そして一介の女官から王妃にまで登りつめた張禧嬪(チャン・ヒビン)。この3人か“朝鮮王朝の3大悪女”と言われている。

彼女たちは確かに悪事を働いたが、あくまで自分の欲望を叶える手段として行なったわけで、悪女としてのスケールはそんなに大きくない。

たとえば、張禧嬪は一番の悪女と言われているが、果たして実際はどうだったのか。

張禧嬪の人生はドラマチックだった。19代王・粛宗(スクチョン)は、自分の正室だった仁顕(イニョン)王后を離縁してまで張禧嬪を王妃の座に登らせた。しかも、王の息子を産んでいたので、王の母になれる可能性もあった。

ただ、後に王妃の座から転落して、最後は仁顕王妃を呪い殺そうとした罪を問われて死罪になる。こんなに波瀾万丈な人生を歩んだ女性は他にいない。何度もドラマや映画の主人公になっていて、韓国時代劇を作る人のあいだでは『困ったら張禧嬪を出せ』と言うくらい、無敵なキャラクターと言える。

 

K2-1-1ドラマ『トンイ』で張禧嬪(チャン・ヒビン)に扮したイ・ソヨン

 

ウラの3大悪女

張禧嬪が悪女と言われているのは、彼女を支持していた派閥が政争に敗れて、対立する派閥が政権を取ったので、意図的に悪女に仕立て上げられたのである。もし張禧嬪を支持する派閥が政権を取っていたら、そんなに悪女とは言われなかっただろう。

歴史は、勝った人たちが記録することが多く、負けた人たちはひどい言われ方をする。張禧嬪の場合は、言われているほどの悪女ではなかったと思われる。

それより、朝鮮王朝には“ウラの3大悪女”と呼ばれる3人がいる。

11代王・中宗の三番目の正室だった文定王后、21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正室だった貞純(チョンスン)王后、そして、23代王・純祖(スンジョ)の正室だった純元(スヌォン)王后だ。

この3人は摂政をしたり、王の代理として振る舞ったりした。そういう意味では女帝と呼ぶにふさわしい3人である。

文定王后は、自分の息子を王にするために先妻の息子を毒殺するなど、悪政の最たる女性だった。

貞純王后はカトリック教徒が多い政敵に対して大弾圧を行なって、数万人を殺害している。

純元王后は政治を私物化して、19世紀前半に自分の一族の繁栄だけを願い、国の政治を犠牲にして朝鮮王朝が衰退する原因を作っている。

 

34083_悪女たちが出てくると韓国時代劇も面白くなる(写真=SBS Productions Inc.)

 

悪女が出ると人間の奥深さが見える

悪女が関与して政治が混乱した朝鮮王朝。悪女が出てきた背景には何があったのだろうか。

1つは儒教を国教にしていたことだ。儒教の最高の徳目は“孝”で、絶対権力を持つ王も民衆の模範として両親や祖父母を一番に考えなければならなかった。王の母や祖母は長幼の序で敬まれる立場なので、王に対してもいろんなことが言えた。

このように、王族の長老女性たちが政治に関与できたのは、儒教を国教にしていたからだ。儒教には男尊女卑を認めるところがあり、女性は低い身分に甘んじなければならなかったが、才能や野望がある女性はそれに甘んじることなく、逆にバイタリティを持って自分の野望を叶えていった。

男が優遇される社会だっただけに、男は甘やかされて弱いところがあり、力のある女性は策を弄して成り上がっていくことができた。そういう意味では、男尊女卑が、逆にバイタリティのある女性を多く輩出するきっかけになった。

ただし、女性は最初から悪女に生まれたわけではなく、悪女にさせられた側面もある。そうなった理由には、儒教社会の中で虐げられる女性特有の境遇と、自分に才覚がありながらも政治に関与できない悔しさがあった。

それだけに、朝鮮王朝時代に自分の夢を叶えようとすると、悪女にならざるを得ない事情も生じてしまう。朝鮮王朝時代の政治体制や社会情勢を考えてれば、悪女は肩書き中心の男性社会に、1つの大きな疑問を投げかける存在だった。

悪女を通して朝鮮王朝の歴史を見ると本当に興味深い。韓国時代劇が面白いのは、個性的な悪女がいっぱい出てきて、人間の奥深さを存分に見せてくれるからだ。

実際には、一般の女性はほとんど記録に残っていないが、王の母・祖母とか王妃・側室や女官などの特定の女性は、よく記録されている。彼女たちが、朝鮮王朝の歴史を大きく動かしたのは間違いない。

そういう視点で朝鮮王朝の歴史を見るのが韓国時代劇である。だからこそ、あれだけ面白いのだ。

 

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.04.12

blank