EXO初のマレーシア公演が大盛況、白血病患児との交流も

EXO

EXOが今回はマレーシアを熱くした。
EXOは12日、マレーシア・クアラルンプールのムルデカ・スタジアムで、「EXO PLANET #2 – The EXO’luXion – in KUALA LUMPUR」を開催し、多彩な音楽とダイナミックなパフォーマンス、華やかなステージ演出が織り成す公演を披露し、現地のファンを魅了した。
今回の公演は、EXOがデビュー以来初めてマレーシアで開催する単独コンサートであり、今回のツアーの最後の海外公演だった。EXOのステージに期待を膨らませていた約1万5000人の熱狂的な歓声に包まれ、大盛況の中行われた。
「Overdose(中毒)」で幕を開けたEXOは「Growl」「CALL ME BABY」「Love Me Right」「Sing For You」などのヒット曲メドレーをはじめ、「Lucky」「XOXO」「初雪」などアルバム収録曲のステージ、ユニットステージまで全27曲のステージを届けた。
EXOは今回開始前、難病の子供たちの願いを叶えるグローバル慈善団体メイク・ア・ウィッシュ財団を通じて、白血病患児のLee Qiao Siew君と会った。メンバーらは、Lee Qiao Siew君と話を交わし、応援の言葉を伝えたほか、プレゼント交換、記念写真撮影などで温かい時間を過ごした。Lee Qiao Siew君は「闘病中も、EXOの音楽を聴きながら、元気を出すできたが、EXOと会い、一緒に写真も撮って公演も見ることができたので、とても幸せだったし、感動した。これからも頑張って治療を受け、勉強も一生懸命やりたい」と語った。
EXOは18日~20日、ソウル・オリンピック公園体操競技場で、2度目の単独コンサートのファイナルを飾るアンコールコンサート「EXO PLANET #2 The EXO’luXion [dot]」を開催する。

2016.03.13

blank