俳優パク・ボゴム、次期作は「雲が描いた月明かり」8月初めに放送確定!

201603081844772565_56de9faae1446

俳優パク・ボゴムの次回作のKBS 2TVの月火ドラマ 「雲が描いた月明かり」が、早ければ8月に放送を確定した。
「雲が描いた月明かり」の製作社であるKBSメディアは、「8~9月に編成が確定された」と8日に明らかにした。この夏、男子主人公パク・ボゴムを含むまぶしいほどに清い姿をたっぷり盛りこんだ青春ストーリーがお茶の間を訪ねてくる。
この関係者は、「共演する女主人公ホン・ラオンを含む配役のキャスティングを進行している。真夏の蒸し暑さを楽しさとときめきで吹き飛ばすという覚悟で熱心に準備している」と伝えた。

「雲が描いた月明かり」は、朝鮮後期の礼楽を愛した天才君主、孝明(ヒョミョン)世子をモチーフにした宮廷ロマンスで、歴史が記録することができなかった朝鮮時代の若者の成長ストーリーを扱う予定だ「王女の男」や「朝鮮ガンマン」などを製作したKBSメディアが製作を準備中で、主要キャスティングを終え次第撮影に入る計画だ。

2016.03.08

blank