「イベントレポ」俳優ソ・ガンジュン、朝鮮半島の外まで熱くした!韓流新星の威厳

201602221449773156_56caa187617d6

tvN月火ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」で、魔性の魅力を持った「ペク・インホ」のキャラクターでテレビ劇場を熱くしているソ・ガンジュンが、シンガポールに続いてタイまで掌握して「韓流の新星」の威厳を誇った。
19日にソ・ガンジュンは、シンガポールの「Suntec(サンテック)」で行なわれた「Meet and Greet」のイベントに単独で参加して、初めてシンガポールファンと楽しい出会いの時間を持った。ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」が、シンガポールの「VV Drama ch 855」で初放送を始めて、ソ・ガンジュンがプロモーションで招請された。この日会場には、ソ・ガンジュンの人気を証明するように数千人の人波が押し寄せて、踏み場もないほどに盛況を成した。

その後すぐ、タイでのファンミーティングのためにバンコクに移動したソ・ガンジュンは、到着するなり現地の有力メディアとの記者会見を始め、タイのファンとの対面をした。ソ・ガンジュンは、単独でのファンミーティングの感想や、作品について真摯なトークを続け、トークの中で見たソ・ガンジュンのセンスあるトークと謙遜な態度は現地での取材陣の好感と称賛を受けた。

続く21日、バンコクの「SCALA THEATRE」では、ソ・ガンジュンの「SEO KANG JUN FANMEETING IN THAILAND」というタイトルで、タイファンと意味深い対面をした。去年2月、ソ・ガンジュンが属した俳優グループ「5urprise」のタイでのファンミーティング以降、2度目となるこのファンミーティングでは、今までソ・ガンジュンの出演作を紹介する映像で幕を開けた。そしてソ・ガンジュンが、念入りに準備したタイ語でのあいさつを伝えて登場し、ファンの熱い歓声が続いた。

ソ・ガンジュンは、本格的なファンミーティングを開催して多彩な魅力でファンの心を捕らえた。先回に続き公開されたソ・ガンジュンのピアノライブでの演奏は、今回の公演でも熱い反応を呼んだ。「チーズ・イン・ザ・トラップ」の天才ピアニストペク・インホのキャラクターに良く似合ったプロ級のピアノの実力で、オンラインでも大きな話題を集めたソ・ガンジュンはこのファンミーティングでも韓国でずっと準備して来たイ・ルマの「River flows in you」を演奏して大きな拍手を浴びた。

特にソ・ガンジュンは、ファンとひとりづずつ目を合わせる時間を準備してファンを感動させた。ソ・ガンジュンは、本人と5urpriseの話、「チーズ・イン・ザ・トラップ」についての話などをファンと分かち合ってソ・ガンジュンだけの素朴で真実味にあふれる雰囲気を精一杯アピールした。また、トーク以外にもファンと一緒にポスターのポーズを真似たり、「アイコンタクトにらめっこ」をするなど、様々なゲームを行い、強いリーダーシップでファンをリードをしたりロマンチックに視線を合わせたりと様々な魅力でタイファンの心を刺激した。そしてソ・ガンジュン特有のユーモラスな面とセンスあるトークで笑いも絶えなかったという。

最後に、ソ・ガンジュンは訪ねてくれたファンに感謝を伝えるために「チーズ・イン・ザ・トラップ」のOSTを自ら歌って観客の歓声を導き出し、別れを惜しむファンのために「ハイタッチ」も行なって、最後まで真心のこもったファンサービスをプレゼントしてこの日の公演を終了した。
タイでの初の単独ファンミーティングを順調に終了したソ・ガンジュンは、「いつも『5urprise』のメンバーと一緒に公演しましたが、ひとりでうまく出来るか心配でした。でも、映像を通して『5urprise』のメンバーの応援をもらってファンと交流しながら幸せな時間を過ごすことができました。一緒に来ることはできませんでしたが、機会があれば他のメンバーも必ず一緒に来ます。こんなに熱烈な愛をくださってとても感謝ですし、現在放映中の『チーズ・イン・ザ・トラップ』も最後まで多くの愛をお願いします」と伝えた。

ソ・ガンジュンは、現在中国や日本を含むアジア圏でのファンミ=-ティングやプロモーションの要請などが殺到して、海外ファンとの出会いを続ける計画だ。ソ・ガンジュンは、「チーズ・イン・ザ・トラップ」の海外からの熱い反応を通したアジア全域での高い関心と愛を受けて、「韓流の新星」として浮上している。

2016.02.22

blank