2NE1のCL、香港でもカリスマ性あふれる魅力で存在感を発揮

CL

米国デビューを控えている2NE1のCLが、MDBP(Mad Decent Block Party)香港公演に出演し、カリスマ性あふれる魅力を発揮した。
12日、香港アジアワールドエキスポで行われたMDBPに出演したCLは、ディプロとスクリレックスが結成したJack Uと共にステージに立った。米国デビュー事前プロモーション曲として発表した「HELLO BITCHES」をはじめ、「Dirty Vibe」「Doctor Pepper」「Revolution」「MTBD」を熱唱した。
ブラックのロングブーツにショートパンツ、華やかなプリントのTシャツという装いで、長い金髪のCLのビジュアルは強烈だった。ここに、強烈でカリスマ性あふれるステージマナーまで。CLは会場を盛り上げ、香港のファンを魅了した。
MDBPはMad Decentで毎年行われる大型イベント。今年は最も大きな規模で、複数の都市で開催された。CLは香港のみならず、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィアなど複数の都市を回り、強烈な印象を残した。
世界的なファッション誌「W Magazine」は、CLとのインタビューで、「CLの新曲『HELLO BITCHES』がYouTubeの再生回数550万回を突破した。ジェレミー・スコットとアレキサンダー・ワンと友人であり、シャネルのファッションショーの最前列を飾るCLは独自のユニークなスタイルを持っている」と評した。
CLはインタビューで、「自分のスタイルを表現してほしい」という質問に、「一つの単語で表現するなら、“大胆”あるいは“面白さ”」と答え、注目を集めた。
「HELLO BITCHES」の振り付け映像は13日午前現在、YouTubeの再生回数597万8237回を記録し、600万回突破を目前にしている。

2015.12.13

blank