「韓国からの出国命令」下されたエイミが心境告白「米国人として生きたいなら、裁判なんてしない」

「韓国からの出国命令」下されたエイミが心境告白「米国人として生きたいなら、裁判なんてしない」

韓国の女性タレント、エイミ(33)が自身の過去の過ちを反省し涙を流した。

25日のSBS「一夜のTV芸能」では、韓国からの出国命令が下されたエイミの単独インタビューが放送された。エイミはインタビュー中に控訴棄却の連絡を受けた。エイミは「この1年半、自分自身を見つめなおす時間だった。道理に外れ…」と話し、涙した。

続けてエイミは「米国人として生きたかったら、裁判なんてせずに米国に行くだろう。良い姿をお見せできず申し訳ない」と述べた。

エイミは2012年、プロポフォールを投薬した容疑で懲役8月、執行猶予2年が言い渡された。その後、2013年に再び問題を起こし、米国への出国命令を受けた。エイミは現在、米国国籍を持っている。

WOW!korea提供

2015.11.26

blank