「EXO」SUHO、スクリーンデビュー作引っ提げ「第20回釜山国際映画祭」参加予定

「EXO」SUHO、スクリーンデビュー作引っ提げ「第20回釜山国際映画祭」参加予定

韓国アイドルグループ「EXO」SUHO(スホ)がスクリーンデビュー作を引っ提げ、「第20回釜山国際映画祭」に参加する予定だ。

SUHO(EXO)が主演を務めた映画「グローリーデー」が第20回釜山国際映画祭の「韓国映画の今日−パノラマ部門」に公式招待されたもの。

SUHOの所属事務所SMエンタテインメント側の関係者は韓国メディアに「『グローリーデー』の公式招待でSUHOが釜山国際映画祭に参加する予定」とし「最大限行こうと努力するが、EXOのスケジュールの都合上、参加できない可能性もある」と明かした。

「グローリーデー」は20歳の青年4人の運命を揺るがす一夜の事件を描いた作品。友情が最もきらびやかに輝いていた瞬間、耐えがたい事件に遭遇した4人が経験する激しい反転ドラマを込めた作品だ。

「グローリーデー」主演である4人の俳優は、約4か月間の公開オーディションとキャスティングを経て決まった。「アングリーママ」のジス、「EXO」SUHO、ドラマ「応答せよ1988」リュ・ジュンヨル、ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」のキム・ヒチャンは若く躍動的なエネルギーで、手に取るように生き生きとした20歳の新しい姿を見せてくれる見通しだ。

一方、「グローリーデー」はことし6月にクランクアップ、釜山国際映画祭で初公開される予定だ。

WOW!korea提供

2015.08.26

blank