女優ユン・ウネ、監督として「第20回釜山国際映画祭」へ

女優ユン・ウネ、監督として「第20回釜山国際映画祭」へ

韓国女優ユン・ウネが、監督として「第20回釜山国際映画祭」に参加することがわかった。

第20回釜山国際映画祭(BIFF)側は25日午後、コリアナホテルで公式記者会見を開き、開・閉幕作と共に主要招待ゲストを紹介した。

この日、BIFF側が公開した「ワイドアングル」セクションの招待作には、女優ユン・ウネが演出した作品も含まれ、話題を呼んでいる。

ユン・ウネは「ワイドアングル」セクション短編ショーケースに演出作「レッドアイ」で招待された。

これを前にユン・ウネは、初の短編演出作でBIFFに参加しており、再び監督しての能力を認められ、BIFFの招待を受けた。

一方、第20回BIFFは来る10月1日から10日まで、釜山(プサン)・海雲台(ヘウンデ)と映画の殿堂一帯で開催される。

WOW!korea提供

2015.08.26

blank