「イベントレポ@ソウル」SUPER JUNIOR K.R.Y. 、日・韓 ・中の3000人のファン泣かせた真夏の夜のラブソング!

201508222004774996_55d8598d5c1fe

日本、韓国、中国から集まった3000人余りのファンは、3人の歌う感性的なバラードにたっぷり酔いしれた。相変らず残暑が激しい夏の終りに、オリンピックホールを揺り動かす悲しくて美しいラブソングはまさに、ファンに向けて捧げるSUPER JUNIOR K.R.Y.のラブソングだった。

人気アイドルグループSUPER JUNIOR K.R.Y.は、22日の午後ソウルオリンピック公園オリンピックホールで開催された2度目の単独コンサート「SUPER JUNIOR-K.R.Y. ASIA TOUR ~Ponograph~in SEOUL」を開催した。感性に満ち溢れた3人のボーカルは、3000席余りをいっぱいに埋めたファンの歓呼の中、土曜日の夜をしっとりと濡らした。
今度のコンサートは、SUPER JUNIOR K.R.Y.が、2011年2月に開催した初の単独コンサート以後、約 4年6ヶ月ぶりに公開する韓国での公演だ。キュヒョン、リョウク、イェソンは、「蓄音機(Ponograph)」というサブテーマに似合った敍情的なバラード曲を通して素晴らしい歌唱力を披露した。

オープニングの門を開けたのは3人のメンバーのソロ曲だった。キュヒョン、リョウク、イェソンは、ひとりずつ登場して一曲ずつ披露したが、これは電光板で公開したドラマ形式の映像とつながって見る人々の耳目を集中させた。感性的なキュヒョンの「ハナミズキ」に続き、独自の美声が引き立つリョウクの「 Coagulation」、訴えるように深い歌声のイェソンの「Let's Not…」が次々に響きわたった。そして3人のメンバーが登場して、SUPER JUNIORの3rdアルバムの収録曲のである「My Love, My Kiss, My Heart」、SUPER JUNIORの7thアルバムスペシャル・エディションの収録曲「...ing」を続けて歌って感情を高めた。

時が時であったので、メンバーの初のコメントは北朝鮮の砲撃挑発事件に対する言及で始まった。 キュヒョンは、「事実、今日さまざまなイシューがありました。昨日から始まったイシューですが、心配です。コンサートができないのではないかと思いました。幸い、この場で歌を始めることができました。そんな事があってはいけません。個人的にうまく解決されて欲しいと思います」と心配な思いを表現した。

久しぶりに韓国でのコンサートステージ立ったイェソンは、涙を見せたりした。彼は「実は召集解除してからあまりたっていない状態でコンサートをするといことが不思議で感謝です。K.R.Y.として、韓国では永遠に歌えないかもしれないと思っていました」と言って心細かった時間に対して言及した。またイェソンは、声帯結節関連の手術を受けたことに対して明らかにし、「2週間前に手術を無事に終えて回復段階です。手術を受ける前よりもっと良い声で歌うことができるようで幸せです」と言った。

201508222004774996_55d8598dd9183

メンバーは主に穏かで悲しい雰囲気のバラードを選択したことに対して心配したことを伝えた。しかしリョウックはすぐ「4年6ヶ月前、ソロで歌うときは明るい曲やダンスもしなければならないと思っていましたが、今度のコンサートは良い歌、ヒーリングできる歌を準備しました」と今度の公演の意味を説明してファンの歓呼の声を受けた。

ステージ中間には、SUPER JUNIORのメンバードンウとイトゥクが客席からあいさつをしたりした。公演場の2階に静かに座っていたイトゥクとドンウの姿にキュヒョンは、「僕たちのメンバーの篤い友情を見せてくれる部分です」と言いながらも「他のメンバーはどこにいるのか」と言いながら「忙しい仕事があったんです」と言ってウニョク、シウォン、カンインなどの名前を言及して笑わせた。

メンバーがこの日初公開した歌は、23曲だった。その中でもイェソンは、「その冬、風が吹く」のOST「Gray Paper」、キュヒョンはドラマ「君を愛した時間」のOST「僕たちが愛した時間」、イェソンはドラマ「女王の教室」のOST「Maybe Tomorrow」を選曲し、ドラマの記憶を思い浮かばせてくれる感性的な歌で深い印象を残した。

これ以外にもキュヒョンはパク・ヒョシンの「野花」、リョウクはM.C the MAXの「Goodbye For A Moment」、イェソンは自作曲「どんな言葉でも」を歌って、SUPER JUNIORのボーカルとしての優れた実力を精一杯発揮した。そして彼らは一緒に「Believe」、「In My Dream」、「Lunar Eclipse」、「Love Disease」、「Dorothy」などSUPER JUNIORとSUPER JUNIOR K.R.Y.のアルバムの収録曲を歌い、コンサートの終わりにはキュヒョンのソロ曲である「光化門で」を一緒に歌って美しいハーモニーを作りだした。

2015.08.24

blank