SUPER JUNIORイトゥク、「覆面歌王」で「熱気球」の正体がアレックスだと分かった!

사본 -article012

「覆面歌王」の「空中浮揚熱気球」の正体がアレックスだと、イトゥク(SUPER JUNIOR)が当てて注目を集めた。
9日の午後4時50分から放送されたMBC「僕らの日曜の夜-覆面歌王」では、「空中浮揚熱気球」と「私は海の王子」の 1ラウンドでの対決が公開された。
この日ふたりは、歌手チョン・ジェウクの「さよなら」を選曲した。ふたりは哀切な感情をさわやかな声で「さよなら」を熱唱した。ふたりの甘い歌声が美しいハーモニーを成して完璧なデュエットステージを完成した。

結果は、「私は海の王子」が、58票を得て41票を得た「空中浮揚熱気球」を抑えて2ラウンドに進出した。「空中浮揚熱気球」は、歌手キム・グァンソクの「三十歳の頃に」を選曲し、第1ラウンドよりいっそう透き通るような歌声で熱唱した。
ステージの中盤部で覆面を脱いだ「空中浮揚熱気球」の正体は、歌手兼俳優アレックスだった。
判定団が誰も正体を当てることができなかったが、イトゥクだけはアレックスのイニシャル「A」を口にして正体が分かっていたようだった。

イトゥクは、「一等兵の休暇のときに、アレックスが沢山慰労をしてくれました。親しかったわけでもないのに歌を歌ってくれて記憶に残っています」と打ち明けた。

2015.08.09

blank