「TEMPEST」、デビュー後初の地上波年末ステージ「SBS歌謡大祭典」に出演


ボーイズグループ「TEMPEST」が年末の地上波音楽祭に出演する。

「TEMPEST」は来る24日午後7時30分からソウル・コチョク(高尺)スカイドームで開催される「2022 SBS歌謡大祭典」に参加する。

韓国最高峰のK-POPアーティストが勢ぞろいする今回の「SBS歌謡大祭典」は「THE LIVE;SHOUT OUT」というテーマで熱く繰り広げられる。まず、「SHINee」キー、「ASTRO」チャウヌ、「IVE」ユジンの3人がMCに決まり、K-POPを代表するグループらが出演を確定した中、"第4世代ルーキー"の「TEMPEST」も合流することになり期待を集めている。

「TEMPEST」は最近、日本の大阪京セラドームで行われた「2022 MAMA AWARDS」にも出演し、カリスマあふれるステージを披露した。「SBS歌謡大祭典」を通じて、デビュー初の地上波年末ステージを飾ることになった「TEMPEST」は、より特別なパフォーマンスを披露し、グローバルファンを魅了する予定だ。

最近3rdミニアルバム「ON and ON」でカムバックした「TEMPEST」はさまざまな指標で恐ろしいほどの成長を見せている。初動販売量は13万枚を超えて自己最高記録を達成し、11月4週には週間ワールドチャートとアルバムチャートでそれぞれ1位を占め、グローバルな人気を証明した。

タイトル曲「Dragon(飛上)」は発売と同時にBugsリアルタイムチャートで1位になり、音源でも勢いを見せた。特に先月30日の「ショー!チャンピオン」では、デビュー8か月にして初の1位を獲得し、第4世代を代表するグループになった。

WOW!Korea提供

2022.12.09

blank