ヨン・ウジン × イ・ジウン(IU) 他豪華キャストが共演!キム・ジョングァン監督最新作!映画『夜明けの詩』11 月 25 日(金)より、全国公開中!

ヨン・ウジン「39歳」 × イ・ジウンイ・ジウン(IU)『ベイビー・ブローカー』 他豪華キャストが共演!キム・ジョングァン監督最新作!映画『夜明けの詩』が、11 月 25 日(金)より、全国公開中!

主演を務めるのは、Netflixドラマ「39歳」、映画『愛に奉仕せよ』といった話題作に出演し、柔らかい眼差しや深みのある演技力で、観客を魅了する“ロマンス職人”ヨン・ウジン。共演を果たすのは、第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で2冠に輝いた、是枝裕和監督の最新作『べイビー・ブローカー』に出演し、6月にはプロモーションで6年ぶりに来日を果たしたイ・ジウン/IU。イ・ジウンは「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」で主演を務め、その演技に惚れ込んだ是枝監督が『ベイビー・ブローカー』への出演を熱望した逸話を持つ。さらに韓国の名バイプレイヤーとして名を馳せるキム・サンホ(『ビューティー・インサイド』)はじめ、イ・ジュヨン(『サムジンカンパニー1995』)、ユン・ヘリ(『ジョゼと虎と魚たち』)ら演技派俳優が集結。生と死、時間、記憶という深遠なテーマを、観る者たちの心に寄り添う癒しの物語に昇華させた。

ヨン・ウジンが演じた、本作の主人公である小説家のチャンソクは、時間を失くした女(イ・ジウン/IU)、想い出を燃やす編集者(ユン・ヘリ)、希望を探す写真家(キム・サンホ)、記憶を買うバーテンダー(イ・ジュヨン)といった人々との出会いを経験して、身につまされる経験談や対話を重ねていく。今の時代を生きるすべての人に寄り添う、ヒーリングストーリーとなっている本作だが、魅力を最大限に引き出しているのは、実力派俳優たちの演技力だと断言したい。
今回チャンソク役を見事に演じ、“ロマンス職人”の愛称を持つヨン・ウジンを解説する。まだ冬が残るソウルで、小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)は、妻をイギリスに残し7年ぶりに帰ってくる。自らの経験をもとに小説を出版する為、懐かしさに思いを馳せながらソウルでの日々を過ごす。そこで心に深い葛藤を抱えながらも、人生を歩み続ける4人との出会いを経て、チャンソクは心に閉ざしてきた記憶と向き合い、新たな物語を紡ぎだすー。

主人公を演じたヨン・ウジンは、Netflix人気ドラマ「39歳」で主演ソン・イェジンの恋人役を好演して、日本でも話題に。俳優歴14年目にして大胆な役に挑戦した映画『愛に奉仕せよ』も記憶に新しい。本作では、キム・ジョングァン監督との2度目のタッグとなり、『窓辺のテーブル 彼女たちの選択』の撮影中には、「生きる姿勢、作品に対する真摯な姿勢、そして役者としての心構えを監督から学んだ」と語るほど、監督へ厚い信頼を寄せている。本作では、柔らかな雰囲気と繊細な演技で、これまで演じた中で最高の役柄のひとつとなったと評されている。
本国で開かれた制作会見に出席した際に、自ら演じた役柄について紐解いてくれた。「僕自身もチャンソクのように人の話を聞くことを好むタイプだと思います。なので、僕自身の姿が投影されるのではないか、軽薄さが出るのではないかと毎回悩みましたが、共演した皆さんに対する信頼がとても大きかったです。なので、皆さんの演技をよく見ればいいという、本当に純粋な気持ちで撮影に挑み、変に演技に磨きをかけたりせずに、今が初めてであるかのように表現をしました。共演者の多様な演技力を、思う存分に堪能できたと思います」と語り、イ・ジウン/IUといった実力派役者たちの演技力に脱帽しながら、自身の演技にも良い影響を受けたと明かした。

(2ページに続く)

2022.12.09

blank