「ソン・ジュンギパワー」証明、ドラマ「財閥家の末息子」が話題性2週連続1位

最高の話題作ドラマ「財閥家の末息子」の人気が熱い上昇傾向を続けている。
JTBC「財閥家の末息子」が破竹の勢いで6話連続で自己視聴率を更新し、新記録を作っている。27日(日)に放送された第6話は16.5%(以下、ニールセンコリア首都圏有料世帯基準)平均視聴率、18.4%の最高視聴率を記録した。2049(20〜49歳)を対象にしたターゲット視聴率は7.9%まで急騰し、全チャンネルで1位の座を守った。


話題性も先週に続き2週連続で総合順位1位を記録し、名実共にドラマの「王座」についた(以下、グッドデータコーポレーション調査、11月4週目基準)。特にドラマ部門では、占有率44.1%に達する数値で1位の座についた。ニュース、VON、SNS部門の話題性はもちろん、ソン・ジュンギ俳優もドラマ出演者の話題性1位の座を守った。多数のグローバルOTTプラットフォームでも連日視聴順位1位の記録を続け、海外での反応も爆発した状況だ。


一方、注がれる関心に「財閥家の末息子」側は放送予定日を先駆けて公開した。7話と8話は12月3日(土)と4日(日)夜10時30分に放送される。2日(金)には6話が再放送される。その後、毎週金、土、日曜日夜10時30分、予定通り9話〜14話が放送される。最後の放送週間には15話と16話(最終回)が24日(土)と25日(日)に放送される予定だ。

2022.11.29

blank