≪今日のK-POP≫「NCT 127」の「Gold Dust」 美しいハーモニーに身を委ねてうっとり聴き入る

一日一曲、今日の名曲を紹介します!
今日の一曲は、「NCT 127」の「Gold Dust」。

今年の9月16日にリリースされた4thフルアルバム「疾走(2 Baddies)」の収録曲です。

「NCT 127」の代表曲といえば、このアルバムのリード曲「疾走(2Baddies)」や「Kick it」、「Cherry Bomb」のような、独特なリズムの耳に残るような曲が挙げられますが、メンバーの歌声の魅力が光るR&Bナンバーもおすすめ。

「Gold Dust」は、10月22日・23日にソウルチャムシル(蚕室)オリンピックメインスタジアムで開かれた2回目のワールドツアーソウルスペシャル公演「NEO CITY : SEOUL – THE LINK +」でも披露され、NCTzen(シズニ:ファンの呼称)の心をとろけさせました。

「おやすみ 僕の月明かり こっちに来て抱かれて深く 夜に彩られた さざ波の上に横たわり」
「どれほど君の光が美しいのか 触れればたちまち輝くじゃないか 金色の道を開き僕を輝かせる」といった美しい歌詞が印象的。平凡な日常に一筋の光が指したように自分をときめかせる存在が現れ、その相手に対する気持ちを、さざ波に照らされる月明かりになぞらえて表現しています。

幻想的で浮遊感のあるメロディーに、メンバーの繊細で優しさが伝わるハーモニーが調和、美しい歌詞も心に染み渡ってきます。特に「おやすみ 僕の月明かり(チャルジャ ネ タルビッ)」と始まる曲の出だしのドヨンの透明感のある甘い歌声と、曲の最後のジェヒョンのファルセットボイスの優しく柔らかい響きは、聴く者の心を優しく包み込んでくれるでしょう。
ぜひ、この機会に「NCT 127」の歌声に浸ってみてください。

「NCT 127」「Gold Dust」

<プロフィール>
「NCT 127(エヌシーティーイチニナナ」
2016年7月に「Fire Truck」で韓国デビュー。2018年5月には「Chain」で日本デビューを果たし、国内外でも活躍。グループ活動以外に俳優やドラマOSTに参加するなど、ソロでも活躍中。
WOW!Korea提供

2022.11.08

blank