「取材レポ」キム・スヒョン、約7年ぶりの来日ファンミで感じた「かけがえのない存在感」!

まさに待ちに待った「KIM SOO HYUN 15th Anniversary FAN MEETING ~always special day~」が10月 9日(日)に川崎市の「カルッツかわさき」で開催された。キム・スヒョンの人柄の良さに酔いしれる極上の時間だった。

ファンを大事にする気持ち
本当に、キム・スヒョンが「星から来たあなた」のような宇宙人だったら、どんなふうにファン・ミーティングを開いてくれるのか。
期待に胸を躍らせて始まりを待っていたら、キム・スヒョンは白いスーツを颯爽と着てステージに現れた。
彼は緊張を隠さなかった。ステージ上のくつろげるリビングのセットで、キム・スヒョンはソファに座って『サイコだけど大丈夫』などの主演作について語った。しかし、時間が経っても胸の鼓動が収まらなかったようだ。進行を自ら変えて、歌に移った。『ホテルデルーナ』の挿入歌の『So long』だった。
早くも歌唱力が全開だ。俳優で歌がこれほどうまいと「人生が楽しいだろうなあ」と思わずにはいられない。サビの高音のところで声を出し切れない部分もあったが、歌のプロとしてもステージをこなせるレベルだった。
トークと歌を織り交ぜながら、心地よいステージが続いた。

●ファンが選ぶ「好きなドラマ」のコーナー
3位が『サイコだけど大丈夫』、2位が『太陽を抱く月』、そして、1位は予想通り『星から来たあなた』だった。「あんなふうに宇宙人になりたい」というキム・スヒョンのコメントにナットクだった。
●ファンが選ぶ「好きなシーン」のコーナー
キム・スヒョンは常に照れていた。自分が出るシーンは見られないそうだ。「多くの俳優がそうみたいです」と語っていた。
●ファンとの交流ゲーム
キム・スヒョンの様々な嗜好を観客が当てるゲームだ。観客は「赤いA」と「青いB」を持ち、キム・スヒョンが好きなことを当てていく。「夕食に食べたいのは、寿司か焼肉か?」「朝食はパン派かご飯派か?」といった質問が続き、最後に勝ち残った5人がステージに上がり、さらにゲームで勝ち抜いた1人が優勝者になった。

(2ページに続く)

2022.10.17

blank