秋を感じる今にぴったりな、IUのおすすめ曲特集


気がつけばもう秋。

そんなこの時期にぴったりな、秋を感じる女性歌手IU(アイユ―)の曲をいくつかご紹介します!

「Can’t Love You Anymore」
2017年に発表した、HyukohバンドのOHHYUKとのコラボ曲。
シンプルなエレキギターを伴奏に、個性的な2人の歌声が折り重なる。2人の恋愛が上手くいかない様子を、情けない歌詞で上手く表現した曲。この曲を聴くと、そこはもう哀愁漂う秋になったような気分になる。

「ごめん」「何が」
「ただ全部」「帰って」
「財布そこに忘れてきた」
台詞のような歌詞を語るように歌うことで、さらに2人の関係性を具体的に表現し、その間に流れる侘しさをさらに感じさせていく。
「恋愛の秋」といったところだろうか。しがない秋を感じたいリスナーにぴったりの一曲である。

「Autumn Morning」
2017年に発売されたEPアルバム「A Flower Bookmark, Pt.2」の1番トラックに収録されている曲。自身2枚目のリメイクアルバムの先行曲として配信された。女性歌手ヤン・ヒウンが1991年に発売したアルバムの収録曲をIUがリメイクした。

「早い朝 小鳥のさえずりが聞こえてくると いつものように名残惜しく眠りから覚める」という歌詞のアカペラから始まり、タイトル通り「秋の朝」の風景を爽やかに感じられる一曲。元気よく学校に行く子供、散歩に行ってきた父親、朝ごはんの準備をする母親、顔を洗おうとする息子。気怠く感じる秋の朝を、優しいアコースティックギターと彼女の明るい声で清々しく演出してくれる。

「Love Letter」
2021年に発売されたEPアルバム「Pieces」の5番トラックに収録されている。このアルバムは、テレビ番組やコンサートで発表されていたが、未発売だった幻の4曲と新たに収録した1曲で構成されている。「Love Letter」は、2020年にバラエティ番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」のIU12周年特集で披露されていた。彼女の曲として発売されると思いきや、翌年2021年に男性歌手チョン・スンファンへ曲を提供し、話題となった。だが先ほども言った通り、その後の自身のアルバムでセルフカバーし、曲を配信する運びとなった。

「路地で戸惑いながら言った 初めての別れを今も覚えています」という歌詞から始まる、ラブソング。
「ある男女が道端で出会い、時間を忘れて朝の5時まで語りあった所から始まる。」と、自身で曲の設定を話していた。曲の長さは短めだが、秋の夜を感じるには充分すぎる感性が散りばめられている。冷たい秋の夜風に当たりながら聴きたい一曲だ。

WOW!Korea提供

2022.09.22

blank