“BTS(防弾少年団)、軍入隊しなければ”…韓国国民の半分が答えた

BTS(防弾少年団)の兵役特例に関連した議論が進む中、韓国国民の半分がBTSの兵役特例に反対するというアンケート結果が出た。
6日、世論調査専門業者チョウォンC&Iが、ストレートニュースの依頼で4日に全国の有権者1001人を対象に行ったBTSの兵役特例に対するアンケート調査で「兵役義務を果たさなければならない」という回答が54.1%と現れた。「特例で恩恵を与えなければならない」という回答は40.1%で、兵役特例反対の意見が賛成より高かった。


回答者10人のうち4人がBTSに兵役特例を許さなければならないと答えたが、特に20代では「義務を果たさなければならない」という回答が73.2%で最も多く現れた。30代(60.4%)、40代(49.4%)、50代(48.3%)、60代以上(47.5%)の順で年齢が少ないほどBTSの兵役特例に対して反対意見を見せるという結果が出た。
「義務を果たさなければならない」という回答率は、男性は58.1%、女性は50.3%で、性別では大きな差がなかった。


これに先駆けてイ・ジョンソプ国防部長官は先月31日、国会国防委員会全体会議でBTSの兵役特例問題について「世論調査を早くしようと指示を下した」と答えたことがある。しかし、BTSの兵役問題をアンケート調査で決めるのかという指摘を受けた国防部は「世論調査を早くしようという指示ではなく、必要なのかを検討するよう指示した」として「世論を収束した後、軍の立場を整理する」と明らかにした。
今回の調査はARS世論調査(携帯電話100%RDD方式)で実施し、応答率は4.0%、標本誤差は95%、信頼水準では±3.1%pだった。

2022.09.06

blank