<トレンドブログ>2PMイ・ジュノ、“キム・ウビン&カン・ハヌルと「三十歳」を撮りたいと話している”

2PMイ・ジュノが、映画「三十歳」について語りながら「機会があったらうれしい」と話しました。
14日午後、ソウル松坡(ソンパ)区オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場では、ジュノの「2022ファンコン『Before Midnight』」が開催されました。ソウル公演の最終日であり、オフラインのファンコンと共にBeyond LIVEのプラットフォームでオンラインで有料生中継を同時に行い、全世界のファンとコミュニケーションしました。


この日ジュノは、MBCドラマ「赤い袖先」、映画「二十歳」に関するビハインドトークを行いました。
困難だった点について彼は「とても暑かった。天気がとても暑くて、あの服を着ているのが簡単ではなかった。真夏の暑さの中で撮影した。俳優やスタッフたちが飛び回ってたくさん撮影したが、暑さには弱かった。それで大変だった」と明らかにしました。


続いて「『二十歳』も夏の撮影だった。暑い夏に撮影しながら記憶に残ったシーンは、ドンウが引越しをしながら母親にガールフレンドができたと話すシーンが記憶に残っている」として「その時も猛暑だったが、そこに飛行機がほんとにたくさん通りすぎた。『お母さん、僕がガールフレンド』と言えば飛行機がシューッと過ぎて、しばらく休んで『ガールフレンドができた』というと、また飛行機がシュッーと過ぎた。セリフを言うたびに飛行機が通り過ぎて撮影が困難だった」と当時を回想しました。

(2ページに続く)

2022.08.15

blank