<WK寄稿>領収書、必要ですか?=韓国


ソウルの飲食店やコンビニなどほとんどの店で支払いや精算する時”ヨンスチュンデゥリカヨ(領収書必要ですか?)”と必ず聞かれます。

日本では普通お釣り(ある場合)と共にレシートをくれるのが当たり前なのに、ソウルに来てそう聞かれると一瞬と惑います。“何を当たり前のことを”と思いますが、ソウルではそれなりの気配りであり、サービス心なのです。

韓国ではカード決済すると自動的に携帯にいくら、どの店で、何時に、決済したかが瞬時に出ます。そのデータが税務署に送られるのでいちいち紙の領収書を年末決算の為に添付しなくても自動的に処理されますので、領収書をもらう必要がありません。ゴミになるならこちらで処理します。という言う意味でお客に聞くのです。

韓国では電算化が進み、500ウォン(約50円)の品物でも、タクシーの基本料金(約380円)の支払いでも躊躇なくクレジットカードが出せるのが今の韓国です。日本では少額の物を買う時クレジットカードで決済するのは気が引けますが、韓国ではむしろ奨励されます。

店で現金やお釣りを準備したりその日の売り上げなど帳尻合わせする手間が省けますし、紙の節約や脱税防止にもつながります。このように韓国では日本より現金を使わなくなりカードさえあれば事は済むほど電算化が進んでいます。

電算化が進んでいるといえばこんな事もありました。

先日携帯に外交部(日本の外務省に該当)から突然メールが届きました。「あなたの旅券の有効期限が6か月後に切れますのでお知らせします。国によってはパースポートの期間が6か月以上ないと入国できない国があります」と、びっくりしました。

外交部に知り合いがいるわけでもないので、「これ何⁈」と戸惑いました。案内のようにパスワードを確認すると成る程、そうでした。

これで驚いてはいけません!

(2ページに続く)

2022.08.08

blank