「インタビュー」ソン・ガンホ「『非常宣言』は他の災難物とは違う…監督の努力はむだにならないと思う」


俳優ソン・ガンホが映画「非常宣言」のビハインドをざっくばらんに伝えた。

映画「非常宣言」でベテラン刑事を演じたソン・ガンホと27日にオンラインで会った。

「観相師-かんそうしー」(2013)、「ザ・キング」(2017)のハン・ジェリム監督が演出した「非常宣言」は、史上初の航空テロで無条件着陸を宣言した飛行機と、災難に立ち向かう人々を描く航空災害映画だ。カンヌ国際映画祭ワールドプレミアを通じて初お目見えして、早くから熱い関心を受けた。

ソン・ガンホは、災害を防ごうと孤軍奮闘する刑事イノを演じる。警察署に出勤し、テロの予告映像1本の情報提供を受けたイノは、妻とテロ容疑者が同じ飛行機に乗っている事実を知って、全てを投げ出すことになる。

ソン・ガンホは「生きていると、大なり小なり起きてはいけない災難を経験することになる。生きていれば仕方がないことだと思う。それをどうやって受け止め、収集するかが、とても重要だ」とし、「非常宣言」は他の災難物とは全く別物だと自信を見せた。

「ハン監督が災難を乗り越えていく多くの人々の話を大人っぽく淡々と収めた、と思った。当時はコロナ時代ではなかった。コロナなんて単語すらなかったときだったので、それにもかかわらず興味深く感じた」と明らかにした。

またソン・ガンホは「船や電車は途中で港や駅で少し止まることができるが、飛行機はいかなる接触もできない。地上にいる人々の心的ジレンマがある。何としてでも救いたいのに、どうにもならない限界がある。地上の人たちのもどかしさに重点を置いた。感情的になって悲しんでばかりいても駄目だし、理性的に考えているだけでも駄目だ。適切に表現しようとハン監督と話を交わした」と話した。

(2ページに続く)

2022.07.27

blank