【ドラマがいいね!】カン・テオの演技に期待/『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』傑作物語2

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』で、大手法律事務所の職員として主人公ウ・ヨンウ(パク・ウンビン)とチームを組んでいるのがイ・ジュノである。カン・テオが柔らかい雰囲気で演じている。

画像=ENA

かつては悪役
『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の第1話で印象的なシーンがあった。
ウ・ヨンウが新人弁護士になった日、大手法律事務所があるビルの前に立ったときに彼女は回転式のドアに入ることができなかった。
それを助けてくれたのが見知らぬ青年だった。とても親切な若者で、ウ・ヨンウも大いに助けられたのだが、結局は彼女を仕事の面でも適切に補佐する法律事務所の職員イ・ジュノであった。
こうして2人はチームを組んで数々の訴訟問題に取り組んでいくのだが、ウ・ヨンウが大好きなクジラの話を思う存分にできる相手もイ・ジュノだった。
このようなイ・ジュノに扮しているカン・テオは、とても柔らかい感性を出して演じている。ドラマを見ていても、「どうかウ・ヨンウをずっと優しく支えてください」と思ってしまう。
そんな素敵なイメージで彩られているカン・テオなのだが、彼が以前に出演したドラマでは狡猾な悪役を演じていた。

それは、『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』でのユルムという役だった。
この『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』は、主役のチャン・ドンユンが女装を演じて話題になった時代劇だ。カン・テオが演じたユルムは前半こそ育ちのいい若様を演じていたが、後半は悪賢く王位を狙う人物になっていた。

そんな悪役を憎たらしく演じていたカン・テオも、一転して『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』では爽やかで頼もしいキャラクターに変わっていた。
俳優として多様性を持ったカン・テオ。
演じるイ・ジュノはウ・ヨンウ弁護士とのラブストーリーも期待できるが、彼の優しさはドラマを大いに盛り上げてくれるだろう。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

コラム:ロコレ提供

http://syukakusha.com/

毎回ストーリーがよく出来ている/『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』傑作物語1

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』がとても面白い!

今年上半期の話題作1『その年、私たちは』

2022.07.15

blank