SMエンタ、韓国芸能事務所初の「UNGC」加入…ESG経営強化


SMエンタテインメントが韓国芸能事務所で初めて世界最大規模の企業イニシアチブである国連グローバル・コンパクト(UNGC)に加入し、ESG経営(環境・社会・支配構造)強化に乗り出す。

SMエンタテインメント(以下、SMエンタ)とUNGC韓国協会は5日、SMエンタのソンス(聖水)新社屋でUNGC加入証書伝達式をおこなった。この日の伝達式にはイ・ソンスSMエンタ代表、ユ・ヨンチョルUNGC韓国協会事務総長らが出席した。

UNGCは企業の社会的責任のための核心価値である人権、労働、環境、反腐敗分野の10大原則を企業の運営及び経営戦略に内在化し、持続可能性に対する意識向上に寄与して、実質的な案を提示する世界最大規模の自発的国際協約だ

SMエンタはことし、役職員を対象にESG教育を実施。体系的な推進のためESG実務協議隊を構成及び運営するなど本格的なESG経営に着手した。またSMエンタは今回UNGC加入を通じて人権、労働、環境、反腐敗分野の10大原則を順守しながら、社会的責任を誠実に履行するのはもちろん、SDGsを達成するための履行報告書(COP)を毎年提出するなどESG経営強化に向けて持続的に努力していく計画だ。

SMエンタのイ・ソンス代表は「SMエンタはCT(Culture Technology)を基盤に最高の文化コンテンツを持続的に披露し、人生を豊かにするために努力しており、これはESG経営を通じて成し遂げようとする価値と同じだ」とし「今回UNGC加入を機にグローバル規範を経営活動全般に内在化し、企業の社会的責任を積極的に履行するために努力する」と明らかにした。

WOW!Korea提供

2022.07.05

blank