映画「非常宣言」8月3日に公開確定…公式ポスター公開

今年の夏、航空災害映画「非常宣言」(監督:ハン・ジェリム)が8月3日の公開を確定した。

これと共に4日、1次キャラクターポスター7種を電撃公開して観客の期待感を高めている。

映画「非常宣言」は史上初の航空テロにより無条件着陸を宣言した飛行機と、災害に立ち向かう人々の話を描く。

公開されたポスターは、航空災害に直面した7人の姿を収めて注目を集める。時々刻々と変化する災難状況を地上から防がなければならない人たちと、前代未聞の災難状況を上空で迎えた人たちの姿が対比を成す。

まず、地上ではベテラン刑事チーム長イノ(ソン・ガンホ扮)が災害を防ぐために雨の中で孤軍奮闘する切迫した姿が目を引き、娘と共に飛行機に搭乗したジェヒョク(イ・ビョンホン扮)が子供を守るために周辺を調べる姿が機内で起きる予想外の状況への好奇心を駆り立てる。

国土部長官スッキ(チョン・ドヨン扮)は国民を守ろうとする人間愛と長官のカリスマがにじみ出る姿で視線を引き付ける。副機長ヒョンス(キム・ナムギル扮)は乗客を守るために飛行機を安全に着陸させなければならない責任感あるまなざしで観客に期待させる。ここにジンソク(イム・シワン扮)は最も淡々とした表情で機内の混乱した状況を見守っていて、機内事務長ヒジン(キム・ソジン扮)は落ち着きを失わず乗客を第一に考える姿を見せている。大統領府危機管理センター室長テス(パク・ヘジュン扮)は、誰もが理性的な判断をしにくい状況の中で最善の選択をするために悩む。

こうしてだれも予測できない航空災害に直面した人々が地上と上空でそれぞれ異なる活躍を見せる予定だ。1次キャラクターポスター7種を公開して映画への期待を高めた「非常宣言」は、8月3日に、忘れられない映画体験を観客にプレゼントする予定だ。

WOW!Korea提供

2022.07.05

blank