”男巫”になったソ・イングク、「美男堂の事件手帳」視聴率予想… 神のお告げで瞬間最高28%?

歌手兼俳優のソ・イングクが「美男堂の事件手帳」の視聴率目標を占い、大ヒットを予想した。

ソ・イングクは、27日午後2時に行なわれたKBS2TVの新月火ドラマ「美男堂の事件手帳」オンライン製作発表会に参加した。

「美男堂の事件手帳」は、元プロファイラーで現在は巫男であるナム・ハンジュンを巡って繰り広げられる話を描くミステリーコミック捜査物だ。 ソ・イングクがドラマの主人公ナム・ハンジュンを演じる。

この日、ソ・イングクは「ナム・ハンジュンは実際に神降ろし(憑依:ひょうい)を受けたのではなく、真実を暴くために男巫に変身した人物」とキャラクターを紹介した。

彼は続けて「台本を見ながら『これは私だ』と思ったし『ソ・イングク化して表現したい』という欲もたくさん出てきた」と、出演を決めたきっかけを明らかにした。 さらに「男巫をしている前職がプロファイラーというキャラクターには、二度と出会えないような気もした」と加えた。

(2ページに続く)

2022.06.27

blank