「トレンドブログ」「アゲイン・マイ・ライフ」チ・チャン、“イ・ジュンギは、次元の違う俳優”

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「イ・ジュンギ兄さんと一緒にして『スター』だという気がしました。そして別の次元の俳優だと思いました」
俳優チ・チャンが、SBSドラマ「アゲイン・マイ・ライフ」で共演したイ・ジュンギを思い出してこのように話しました。最近行われたインタビューでチ・チャンは「イ・ジュンギ兄さんが、本当に感動するほどによく神経を使ってくれた」として「スタッフひとりひとりにも、俳優たちにも『どうしてこんなに人によく気を遣うのか?』と思うほどにしてくれた。感動した」と表現しました。

続いてチ・チャンは「夜の泉の撮影でアクションをしたり、寒い天気での撮影をすれば、当然疲れているだろうが、いつも笑顔だった。ポジティブなエネルギーを現場に伝える俳優」として「兄さんがすべきセリフとシーンが多いが、撮影が終わってもすべての人にあいさつしてから帰る。本当に信じられない」と感嘆しました。

チ・チャンは現場でイ・ジュンギからとてもよく気を遣ってもらったとして、「兄さんが見るには、私は活動もあまりしていない新人だ。兄さんが『君くらいの時は、4~5種類ずつ作品をしないといけない。絶えずしないといけない』という話をしてくれた」として「アドリブをたくさん準備して、そしてもう一度できるように監督に話してくださったり、アドリブを見てくださったりした。演技についてとてもたくさん対話した」と話しました。

チ・チャンは最も記憶に残るシーンでドクターK(ヒョン・ウソン)の脅迫にも負けず、「大丈夫、私はヒウ兄さんの弟として生きる」という言葉を残して建物から墜落するシーンを選んだ。チ・チャンはそのシーンを心から撮影したと話し、「私が兄さんのためにできることがこれなら、ヒウ兄さんの弟として死ぬことができると考えた。悲しい感情ではなく意志がわいた。無理やり感情を引っぱりださないで撮影した。ジュンギ兄さんと実際にもヒウとサンマンのように過ごしたので、感情がわき出した」と表現しました。

このシーンを見て感動したのはイ・ジュンギも同様でした。チ・チャンは「兄さんも私にそのシーンを見て泣いたと話してくれた。本当にサンマンの心が見えたと。それで私が『兄さん、それは演技じゃなくて、本当にそんな心がわいてきた』と答えた」とビハインドストーリーを伝えました。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2022.06.26

blank