「ミストロット」ソン・ガインや「イベントの神」シン・ユシクら、解禁となって初めての大型野外コンサート開催…約5000人の観客が大合唱に

韓国のキョンサンナムド(慶尚南道)チャンウォン(昌原)市のマサンヨンマ(馬山龍馬)高等学校100周年を記念する大型コンサートがMBC主管で開催された。

韓国政府で新型コロナウイルス感染拡大による大型野外公演を禁止してから2年8か月ぶりに認められて初めて開かれた野外コンサートで、約5000人の観客はマスクを着用した状態だが好きな歌手に声援を送ったり、一緒に歌ったりしながら楽しんだ。

パフォーマンスサクソフォニストのシン・ユシクが、「UPDOWN FUNK」と、キム・ヨンジャの「アモール・ファティ」、ホン・ジンヨンの「Ring Ring」を編曲してソプラノサックスで演奏したのをはじめ、最後には韓国一の人気トロット歌手ソン・ガインが「怨恨(えんこん)の多い大同江」と「きょうのように良い日」を熱唱し、全ての観客が一緒に歌うという久しぶりの風景を見せた。

「イベントの神」という別名を持つシン・ユシクは、新型コロナウイルス感染拡大の影響でファンに会えなくて残念な気持ちをすっきり解消できたと語り、これからファンと会う機会をたくさん準備して喜ばせると約束した。

WOW!Korea提供

2022.05.02

blank