東方神起チャンミン、“僕の中にもセクシーさがある”… ソロアルバム「Devil」で本日(13日)ソロカムバック

東方神起のチャンミンが、新しいソロアルバム「Devil」でカムバックする所感を明らかにした。

13日、チャンミンは「Devil」の発表記念オンライン記者懇談会に出席した。MCとしてユンホも出席しチャンミンを応援した。

1年9ヶ月ぶりにソロアルバムを発表するチャンミンは「とても久しぶりに出すソロアルバムなので一生懸命準備した」とし「個人的にはSMエンターテインメントでは2022年に発売する初めてのアルバムで新年のトップバッターだ。栄光でありドキドキす」という所感だった。

SMエンターテインメントによると、タイトル曲「Devil」はスウェーデンのアーティスト兼プロデューサーであるAlex Runoが発表した同名の曲をリメイクした曲で、「壮大で重量感のあるサウンドとチャンミンの爆発的な歌唱力が調和し、圧倒的な雰囲気を醸し出す。チャンミンが手がけた歌詞には、厳しい現実の中でも悪魔のささやきに屈さず堂々と前に進むという強い意志が込められている」という説明だ。

blank

blankチャンミンも「壮大な雰囲気を醸し出せるよう作業した」と強調した。「ボーカル的な部分でディテールな表現をユ・ヨンジンプロデューサーに注文された」とし、「高音やアドリブも華やかに広がるためレコーディングも容易ではなかったが、とても素敵な曲が誕生するという確信を持って作業した」と振り返った。

今回のアルバムには「ジャンルを最大限多様に盛り込もうと試みた」と語るチャンミン。実際にチャンミンが作詞した「Alien」は、 一目惚れした異性を神秘的な宇宙で初めて遭遇したエイリアンに例えて愛らしく表現したミディアムポップダンス曲であり、チャンミンのハスキーでセクシーな歌声が魅力的な ラテンポップダンスジャンルの「Dirty Dancing」、 夢幻的なムードとソフトな歌声が調和したイージーリスニングポップ曲「Airplane Mode」も耳を惹きつける。

コミカルな雰囲気の「Maniac」、「SMTOWN LIVE 2022:SMCU EXPRESS@KWANGYA」のステージで披露した「Fever」まで、 チャンミンの多彩な魅力と音楽に触れることができる6曲が収録されている。

blank

特にチャンミンは「僕の考えは一貫している。色々飾るよりも僕が持っているボーカルとかパフォーマンスとか多彩な魅力をお見せしたかった」とし、「多くの方々が共感できないかもしれないが僕の中にもセクシーもあるかもしれない」と恥ずかしそうに笑い、「成熟した一人の男が自然な形で深みを増す魅力を多彩に見せたいと思った」と明らかにした。

関連記事

2022.01.13

blank