【公式】ユク・ソンジェ(BTOB)、 ウェブトゥーン 原作ドラマ「金の匙」にキャスティング決定…来年初放送


韓国の放送局MBCが、NAVERウェブトゥーン人気作「金の匙」をドラマ化することを決定して来年夏の放送編成を確定した。

ウェブトゥーン「金の匙」は貧しい家に生まれた子供が偶然に与えられた金のスプーンを通じて裕福な家に生まれた友達と運命が変わり、後天的上流階級となる人生アドベンチャー物語だ。2016年6月始めに連載されてから人気のうちに106話で2018年に完結した。NAVERウェブトゥーンの代表作「金の匙」は、連載中にお金と家族を変える事が可能なのか、二つのうち何を選択する事が幸せなのかなど、読者たちに質問を投げ掛けて深い反響を与えたことで多くの絶賛を受けた。

ドラマ「金の匙」で上流階級の人生逆転を夢見る学生のイ・スンチョン役にはグループ「BTOB」のメンバー兼俳優のユク・ソンジェがキャスティングされた。tvN「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」、JTBC「サンガプ屋台」等様々なドラマで優れた演技力を披露して活躍した彼のキャスティングには、既に様々なコミュニティでも多く推薦されただけあって、原作と驚くほどのシンクロ率が予想される。また、ドラマはウェブトゥーンとは違い主人公が高校生に設定される予定で、ユク・ソンジェのキャスティングに期待感が高まっている。

制作陣もやはり豪華である。ドラマ「金の匙」演出には、最近好反応を受けているドラマ「恋慕」や「また!? オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来〜」「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」「優雅な友達たち」等を演出した実力派監督ソン・ヒョンウクPDが、脚本には「総理と私」「お嬢さまをお願い!」「ランラン18歳」「冬のソナタ」のユン・ウンギョン、キム・ウンヒ作家が久々に執筆を担当してドラマに対する期待感を更に高めている。

ここに「浪漫ドクター キム・サブ」「メロが体質」「熱血司祭」「今、別れの途中です」を制作した伝統の名門制作会社“SAMHWA NETWORKS”と「他人は地獄だ」「女神降臨」「Sweet Home -俺と世界の絶望-」「ユミの細胞たち」等を成功に導いた“STUDIO N”が共同参加するなど、今からWellmadeドラマの誕生が予期されている。

一方、MBC新ドラマ「金の匙」(脚本ユン・ウンギョン、キム・ウンヒ 演出 ソン・ヒョンウク)は、2022年下半期に放送予定で、ユク・ソンジェがキャスティング確定を始めると同時に本格的な制作に入る。

WOW!Korea提供

2021.11.30

blank