2PMイ・ジュノ、繊細な感情演技で視聴者魅了…「袖の赤い裾口」激しく上昇中

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

2PMイ・ジュノが、繊細な感情演技で視聴者を魅了している。
先週放送されたMBC金土ドラマ「袖の赤い裾口」5話と6話でジュノは、政的の陰謀に立ち向かって王の座に近づく一方、不器用な初恋を始めて直進する王世孫イ・サンの姿を幅広い感情演技で表現してドラマに引き込んだ。


無事に王位につくために完ぺきな王世孫の姿を維持してきたイ・サンに思いがけない変化が訪れてきた。宮女ドギム(イ・セヨン)に対する初恋が始まったのだ。サンはドギム本をたくさんプレゼントしたり、「書庫で私があなたと一緒に過ごした時間が特別だった。あなたが私に振り回されたのか?それとも私があなたに振り回されたのか?」という言葉で微妙な感情を率直に告白した。またサンは、筓禮式(ゲレシク:正式に宮女になる儀式)のために髪を結ったドギムを見て、王の寵愛を受けたと誤解して急に走り寄って追及するなどドギムに対する思いを隠せなかった。


また、東宮殿に閉じ込められたサンのために駆けつけたドギムが詩を朗読して慰労したが、真夜中に訪ねて来て「お前の父のようになってはいけない」と頬をたたく英祖(ヨンショ)のせいでサンの心は崩れ落ちた。
ジュノは完ぺきは姿の陰で人知れず苦痛に耐えてきたイ・サンの傷を深みのある演技で表現して切なさを醸し出した。彼は恐怖に震えて涙を流したかと思えば、無理して感情を抑えるイ・サンの複雑で揺れ動く内面を繊細で抑制された感情で表現して視聴者を引き付けた。

(2ページに続く)

2021.11.30

blank