≪韓国ドラマOST≫「奇皇后」、ベスト名曲 「一度だけ」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「奇皇后」OST、今日の1曲>

今回から「奇皇后」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、「シークレットガーデン」で一世を風靡したベテラン女優ハ・ジウォンと、「ソル薬局の息子たち」などで知名度を上げているチ・チャンウク、そして「チング 永遠の絆」などで活躍する映画俳優チュ・ジンモら豪華キャストが共演した。
舞台は14世紀。高麗人として元の皇帝の妻となった奇皇后の歴史ストーリー。二つの国の間で揺れ動く一人の女性の半生を描いた壮大なドラマとなっている。

今日の1曲はSOYOUが歌う「一度だけ」。キ・ヤンが高麗王のワン・ユを想う気持ちが表現された1曲。切ない気持ちがSOYOUの歌声に乗せて届けられる。

<歌詞の解説>

「手に入りそうで消えていく 冷たい風のように遠ざかるあなた 胸を掴んで息を殺してすすり泣く夜 暗闇の中で私の一日が 悲しく過ぎていく」歌詞の最初では、ワン・ユを想って悲しみに暮れる様子が表現されている。

※サビ「苦労して心の中から消して 消してみても また蘇るつらい記憶が悲しい私たち 恋がもっとつらくなる どんなに隠そうとしても 目に浮かぶ 涙のように溢れてくる恋しさ どうしたらいい」サビでは会えない苦しみに忘れようとする悲しみに向き合うキ・ヤンの心境が伝わってくる。

「たとえ夢でも会えるだろうか 募る想いで待ち続けたら会えるのか 寂しいあの月に 願ってみる あなたにもう一度だけ どうかもう一度 泣きながらつぶやく私の独り言」もう一度だけ会いたい、と願う切ない想いが良く表現されている。

※サビのリピート

「悲しい夢でだけでも そばにいてくれるあなただと 分かっていても 私はあなたを離したくない」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

歌手SOYOU(本名:カン・ジヒョン)は、1992年生まれ。ガールズグループ「SISTER」のリードボーカルとして2010年にデビュー。その後2017年にグループが解散となりソロ歌手として活動している。
OSTの常連歌手の1人で、人気も高い。「椿の花咲く頃」や「トッケビ」、「哲仁王后」、「雲が描いた月明かり」など多くのヒットドラマのOSTに参加しており、最近でも最新ドラマ「こんにちは?私だよ!」でもOSTに参加している。

<ネットユーザーの反応>

「この曲はワン・ユとキ・ヤンのための曲」
「歌詞が切なすぎて涙が出る」
「2人の恋が曲にピッタリ」
「SOYOUの歌声が悲しい2人に合ってる」
「キャストも豪華だしOSTもよかった」

「奇皇后」ではハ・ジウォンと、チ・チャンウク、チュ・ジンモの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2021.11.27

blank