JYPボーイズバンド「Xdinary Heroes」、メンバー・ジョンスの楽器ポジションを公開


JYPエンターテインメント(以下JYP)の新人グループ「Xdinary Heroes」(XH)のキーボーディスト、ジョンスが溢れる才能と魅力を披露した。

JYPは最近、6人組の新人ボーイズバンド、「Xdinary Heroes」のデビュープロジェクトの一環としてメンバー別の楽器ポジションを確認できるティーザー映像を順に公開している。26日0時には公式SNSチャンネルにジョンスのキーボード演奏がおさめられたコンテンツを公開し、グローバルファンの心を席巻するK-BANDの可能性を見せつけた。

 

ティーザー映像でジョンスはスケートボードをひっくり返して鍵盤のように扱うと、そこで画面が切り替わり、いかしたキーボーディストに変身。視線を集めた。彼はキーボードを自由自在に弾いて幻想的なメロディーを作りつつ、時折強烈な眼差しでカメラを見つめる余裕を見せた。楽器演奏の実力はもちろん、トレンディーなビジュアル、ステージマナーまで持ちあわせたジョンスの完成型アイドルの姿はオンラインを熱く盛り上げ、K-POPファンから確実に目をつけられている。

 

「Xdinary Heroes」はDAY6を率いるJYPで2組目のボーイズバンドとして注目されている。特にベーシストのジュヨン、キーボーディストのO.de(オドゥ)とジョンス、ギタリストのガオンとジュナン(Jun Han)に続き、最後のメンバー・ゴニルのポジション公開だけを残す中、6人の完全体のセッションがどんなエナジーを放つのか、期待が高まっている。

 

彼らのデビュープロジェクトを手がけるJYPアーティストレーベル、STUDIO Jは、Z世代を代表するK-BANDの誕生を予告した。去る15日から21日まで、毎日0時6分に「Origin of Xdinary Heroes」シリーズをアップロードし、6人のメンバーが持つキャラクターや潜在能力についてのヒントを残した。また、ティーザー映像のたびに未知の存在「♭form」(フラットフォーム)を絶えず登場させ、関心をあおった。平凡の中に隠されたヒーロー達、「Xdinary Heroes」が一堂に集まり描いていくストーリーに関心がよせられている。

 

一方で「Z世代を代表するK-BAND」誕生を知らせた「Xdinary Heroes」は、「Extraordinary Heroes」を略して作られたチーム名で、「誰でもヒーローになれる。」というメッセージを伝えている。「Xdinary Heroes」についての新たな情報は、新規にオープンした公式ホームページやSNSチャンネルで確認できる。

WOW!Korea提供

2021.11.26

blank