ユジュ(GFRIEND)、チョ・ソンモの「君のそばへ」をリメイク=24日に発売


韓国歌手ユジュ(GFRIEND)がチョ・ソンモも「君のそばへ」を再び歌う。

19日、Cyworld Z、SUPERMAN C&Mは「歌手ユジュ『Cyworld BGM 2021』の新しい歌唱者として参加し、チョ・ソンモの「君のそばへ」リメイク音源を発売する」と明らかにした。

チョ・ソンモの「君のそばへ」は2004年、空前のヒットを記録したSBSドラマ「パリの恋人」のメインOST(オリジナル・サウンドトラック)曲だ。リズミカルなメロディとチョ・ソンモの音色が調和を成して人気を博し、Cyworld BGMチャートをはじめとする各種音源チャートでも愛されてきた。

ユジュは2021年バージョン「君のそばへ」をリメイクし、格別な魅力を届ける予定だ。清らかでありながらも訴える力の強いボイスで多彩な音楽ジャンルを消化してきたユジュは、原曲とは違う雰囲気を盛り込んで「君のそばへ」を歌唱する。チョ・ソンモならではの柔らかなボイスを、ユジュならではの色でどう解釈するかも期待される。

「Cyworld BGM 2021」はこれまでソユの「Y(Please Tell Me Why)」を皮切りに、「GIFT」の「記憶を歩く時間」、Gahoの「Officially Missing You」、Aileeの「雪の華」、チョン・スンファンの「恋人います」、georgeの「直すよ」、ハ・ソンウン-Punchの「johnny」、ファン・チヨルの「小言」、Mad Clown-イ・ヘリの「受取人不明」、「fromis_9」の「星」、「DAYBREAK」の「良い予感のする日」、Wonsteinの「10 Minutes」、San E-SURANの「写真(空だけ眺めて)」、カン・ダニエル-Chancellorの「Fly」を発売した。

年末まで多彩なアーティストとともにリメイクブームを続ける「Cyworld BGM 2021」の15番目の音源、ユジュの「君のそばへ」は来る24日午後6時に発売される。

WOW!Korea提供

2021.11.19

blank