「BTS(防弾少年団)」の”生みの親”パン・シヒョク代表、「激太り」に心配の声…ギブスに車いすで移動


「BTS(防弾少年団)」の”生みの親”として知られるパン・シヒョクHYBE議長(49)が8か月ぶりに姿を見せた中、健康を心配する声が相次いでいる。

去る7日、デザイナーのヨニPはSNSを通して、自身が運営するカフェを訪問したパン氏の写真を公開した。

写真に写るパン氏は、右足にギブスをして椅子に座っている。

この写真を投稿したデザイナーのヨニPは「負傷中でも、車いすに乗ってカフェを訪問し、賑わっているねと喜んでくれた」とし、「きのうは私たちが知り合って10年目の日だからと10年前の写真を送ってくれた、こうして見るとスウィートな男性。いつも誇らしく思う」とつづった。

写真を見たネットユーザーらは、ことし3月にHYBE公式YouTubeチャンネルに登場したパン氏の姿と現在の姿を比較し「かなり変化した」として、健康異常を心配している。

3月に公開された動画で「BTS」メンバーらは、パン代表に「絶対にダイエットを成功させてくださいね。ずっとずっと健康で、一緒に活動する約束を守ってください」と話していた。

WOW!Korea提供

2021.11.08

blank