≪韓国ドラマOST≫「ロマンスは別冊付録」、ベスト名曲 「君という本」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「ロマンスは別冊付録」OST、今日の1曲>

今回も「ロマンスは別冊付録」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、「ピノキオ」や「あなたが眠っている間に」で俳優としても実力を発揮しているイ・ジョンソクと、ウォンビンとの結婚後、出産を経てドラマにカムバックしたイ・ナヨンがタッグを組んだ話題作。
幼馴染だった男女がそれぞれの道を歩んでいるところからストーリーが始まる。ウノは常に女性の影があるが、実は密かに初恋の人ダニが忘れられない。一方ダニは37歳で離婚しシングルマザーとなってしまい、ウノを頼ることに。そこから物語は大きく動き始める。

今日の1曲はソン・ホヨンが歌う「君という本」。ソン・ホヨンの穏やかで優しい歌声が響く、柔らかいラブソング。明るく前向きな恋する気持ちが込められた1曲。

<歌詞の解説>

「君という本を読んでいたら 一枚一枚めくって 何度読んでも飽きない話があるんだ 君という本を読んでいたら 何度笑っても足りない 君が聞かせてくれる話の中の 一日にどっぷりつかってみる」最初の歌詞では、ウノからダニへの一途な想いが溢れているようすが表現されている。

※サビ「ここがハイライト 僕が一番好きな部分 ハイライト 僕たちのときめく話がある場所 何度読んでも ここはときめくんだ ここはハイライト 僕たちが初めて出会った頃の話は ハイライト 毎日読みたい 擦り切れるほど 君という本を読んでいきたい」サビでは、恋を読書に例えて可愛らしく表現されている。

「僕たちが交わした会話 2人だけの 大切な思い出 ずっと覚えてる 君と僕が作ったこの本に」2人の思い出を一冊の本に込めたいという想いが伝わる。

※サビのリピート

「ハイライトを描こう 君の全部の名前の上に僕は ハイライト 始めと終わりの全てに 可愛く目立つ色にして ハイライトを描こう 僕たちが初めて出会った頃の話は ハイライト 毎日読みたい 擦り切れるほど 君という本を読んでいきたい」ソン・ホヨンの優しく透明感のある歌声がピュアな恋愛ドラマを盛り上げる。

歌手ソン・ホヨン(本名:Andrew Son)は、1980年生まれの韓国系アメリカ人。1999年にgodのメンバーとしてデビューし、現在はソロ歌手やミュージカル俳優として活躍中。
ソロで参加したOSTは、「恋愛じゃなくて結婚」、「優しい男」、「帰ってきて ダーリン!」などがある。優しく高音の歌声が特徴。

<ネットユーザーの反応>

「このドラマに癒されてた」
「ソン・ホヨンの声が優しくていい」
「ドラマにピッタリな曲」
「読書と恋の歌詞がロマンチック」
「ソン・ホヨンの歌声が透明感がある」

「ロマンスは別冊付録」ではイ・ジョンソクとイ・ナヨンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2021.10.26

blank