BTS(防弾少年団)ジミンのプロデュース曲「Friends」日本レコード協会のシルバーに認証


BTS(防弾少年団)のジミンの作詞作曲および初めてのプロデュース曲である「Friends」が、日本の「RIAJ(レコード協会)」でシルバー認証を取得した。

日本レコード協会(The Recording Industry Association of Japan,RIAJ)によると、2020年に発表されたBTSの4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」に収録されたジミンの「Friends」が、累積ストリーミングが3000万ストリーミングを突破して、ストリーミングのシルバー認証を取得した。

これはBTSのユニット曲の中で初めてRIAJシルバー認証を取得する記録を立て、日本国内で強大なジミンの音源パワーを見せた。

ジミンの「Friends」は、発売直後から日本で大きな愛を受けてきた。

日本レコード協会(RIAJ)は、ストリーミング最小累計ストリーミング数によりシルバー(3000万)、ゴールド(5000万)、プラチナム(1億)、ダイヤモンド(5億)で区分して認証する。

ジミンが直接プロデュースした曲「Friends」は、イージーリスニングポップでキャッチーなメロディと、ユニークで独歩的なジミンのボーカルに色とりどりな歌詞まで付け加えて魅力が最大化された曲だ。

ジミンのプロデューサーとしての力量を確認させた初めてのプロデュース曲「Friends」は、11月に公開されるマーベル映画「エターナルズ」のOSTに韓国語曲で最初に挿入されて大きな期待を集めている。

2021.10.26

blank