女優コ・ヒョンジョン、自分自身を急き立てる…「周囲を驚かせてあげないと!」


韓国の女優コ・ヒョンジョンが、役者としての価値と信念を語った。

26日、マガジン「dazed」を通じてコ・ヒョンジョンの画報とインタビューが公開された。

JTB水木ドラマ「あなたに似た人」で不運だった青春を克服し、画家であり作家として成功したヒジュ役を担ったコ・ヒョンジョンは、劇中ヒジュという人物に関してを尋ねると次のように答えた。「ヒジュは自分自身に関する勉強が不十分な人物というんですかね。何かの行動をする時の基準点もそうだし、その後の反省もなく、自身に対しては限りなく広大な人物です。」決して肯定的な評価ではなかったが、彼女の配役に対する緻密な悩みを垣間見ることができた。

ドラマの撮影現場を回想しながら製作陣に対する気持ちも包み隠さずに表現した。「あたかも“私達以前にも皆で撮影をしていたっけ?”と錯覚するほど良い現場でした。監督、スタッフの全ての歩調がよく合い、皆お洒落で素敵な方々でした。」そう話しながらも、後輩俳優らに対する褒め言葉や激励も惜しまなかった。シン・ヒョンビンさんは珍しいくらい凄くよく出来た素晴らしい女優さんだと思います。キム・ジェヨンさんは本当に、周りが想像もできないくらいの努力をしてきた方です。いつでも積極的に サポートしてあげたい可愛い後輩たちに出会わせてくれた作品です。」

一方、30年間女優の道を歩いて来た彼女は、演技をする自分自身と、経験してきた葛藤を話した。「演じる事自体より、演じていようがいてなかろうが私自身が自分に失望するような時にはストレスを受けますね。多くの人たちの人生もそうかもしれないですけど、自分自身との戦いが最も難しく厳しいことじゃないかと思います。“もっとよくやり遂げないと”、“これを越えないと”、“またもう一度人々を驚かせてあげないと…”。そんな気持ち。私にとっては全てがそうです。演じることをこんなにも長くやってきているのに、本当にそれでないといけないの? ヒョンジョン、もっと何かないの?この作品で終わってしまってはダメなんじゃない?”ってね。笑」


WOW!Korea提供

2021.10.26

blank