<トレンドブログ>俳優チュ・ジフン、ドラマ-ドキュメンタリーなどジャンルを問わない活躍に期待


俳優のチュ・ジフンが、ドラマ、ドキュメンタリーなどジャンルを問わない活躍を繰り広げます。

チュ・ジフンが、ドラマとドキュメンタリーなどジャンルを問わないハードワークで、大衆により一層近付くものと見られます。 作品ごとにヒットさせ、“信じて見る俳優”としてスポットライトを受けているチュ・ジフンは、多方面での活発な活動を予告して注目を集めています。

まず、チュ・ジフンはデビュー後初のドキュメンタリージャンルに挑戦します。 KBS1TVの大企画「キス・ザ・ユニバース」のプレゼンターとして出演します。 「キス・ザ・ユニバース」は、既存の形式を超えて体験型ドキュメンタリーでお茶の間を訪ねます。

チュ・ジフンは、音声だけで説明するプレゼンターではなく、神秘的な宇宙を案内するガイドの役割をする予定です。 ARテクノロジーとビデオウォールなど、先端技術を通じて具現された宇宙を生き生きと感じる特別な経験をプレゼントするのはもちろん、宇宙のうっとりするような魅力を伝えるストーリーテラーとしても活躍して、見る人々をすっかり魅了してしまうでしょう。

それだけでなくチュ・ジフンは、tvNの15周年特別企画ドラマ「智異山(チリサン)」を通じて本業である俳優としても帰ってきます。 全世界に“K-ゾンビ”ブームを呼び起こした「キングダム」シリーズの脚本家キム・ウニと再会した「智異山」で、どんな演技を披露するのか好奇心が最高値に達した状況です。 劇中チュ・ジフンは、人に言えない秘密を持った新米レンジャーカン・ヒョンジョ役で視聴者の前に出る万全の準備を終えました。

先立って公開されたハイライト映像で確認できるように、すでにチュ・ジフンはキャラクターそのものになってしまっています。 覇気が感じられる新米レンジャーから、興味をそそるミステリーな面まで。 ドラマの雰囲気をあっという間に変える彼の鳥肌の立つような演技力は、今から期待を高めています。

ここにチュ・ジフンの躍動感あふれるアクションももう一つの観戦ポイントと挙げられています。 絶壁でロープを使って下降する姿は、見る面白みを増すし、智異山を襲った災害の中で遭難者を救うために緊迫するように走っていくなど、体当たりのアクションは緊張感をめいっぱい引き上げます。

このように体当たりの演技で情熱を吹き出したチュ・ジフン。 彼の新しい人生作の誕生を知らせた「智異山」は、23日韓国で初放送されます。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.10.19

blank