<トレンドブログ>オム・ギジュンからイ・ホンギ(FTISLAND)まで、ミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」2021年シーズンのキャスティング公開


韓流ミュージカルの歴史と言われるミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」が、華麗なキャスティングラインナップを備えて12月3日にハンジョン(韓電)アートセンターで幕を上げます。

ミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」は、2009年初演以後5回のアンコール公演すべて高い客席占有率を記録して、観客の大きな愛を受けました。 また、2012年日本進出当時、有料客席占有率81.5%、全回全席立ち見席チケット販売など韓流ミュージカル歴史上最高の興行成績を記録して、大韓民国を代表する韓流ミュージカルで位置づけしました。 2021年年末、3年ぶりに帰ってくるミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」が、またどんな興行成績で記録を立てるのかその成り行きが注目されています。

今回の公演は、2019年10周年記念公演当時、演出を引き受けて話題を集めたシン・ソンウが作品に対する愛情でもう一度演出を引き受けました。 “ジャック・ザ・リッパー”そのものと称されるほどの深みある没入感で作品に対する愛情と理解度が誰よりも格別なシン・ソンウ演出の「ジャック・ザ・リッパー」は、彼の繊細な演出によってより明確な相関関係と可能性を実現して今年の年末観客の心をとらえる予定です。

また、正義のために弱い者を助けようとする心が強い性格で、愛する女性のために殺人魔ジャックと危険な取り引きをする外科医“ダニエル”役には、オム・ギジュン、イ・ホンギ(FTISLAND)、MJ(ASTRO)、インソン(SF9)がキャスティングされて、純愛を見せる予定です。

華麗なキャスティングラインナップで帰ってきたミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」は、12月3日から2022年2月6日まで韓電アートセンターで公演されて、これに先立ち11月3日にINTERPARKチケットとyes24チケットを通じてチケット販売が進行される予定です。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.10.18

blank