「海街チャチャチャ」最終回までD-1、シン・ミナ♥キム・ソンホに危機?


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。
ドラマ「海街チャチャチャ」のシン・ミナとキム・ソンホのロマンスに最大の危機が訪れる。

きょう(16日)の夜に放送されるtvN土日ドラマ「海街チャチャチャ」では、遂に最終回を明日に控え、注目が集まっている。

放送に先立って公開されたスチールでは、いつもの甘い雰囲気は消えて、重く沈んだヘジン(シン・ミナ)とドゥシク(キム・ソンホ)の姿が収められていて、視線をひきつける。 顔についた傷よりさらに深い心の傷が感じられるドゥシクのむなしいまなざしと、彼のそばを黙々と守っているヘジンの悲しい表情は、見る人の心までしめつける。

特に苦しむドゥシクのために一生懸命明るい表情を浮かべようと努力するヘジンの視線からは、相変らず彼を心配する心と変わりない愛情がものさびしく伝わってくる。
反面彼の閉ざされた心のように、ソファーの隅に縮まって座っているドゥシクの姿からは、彼を包み込んだ悲しみがどれ程なのか、想像さえできないほどの辛さがうかがえて、より一層残念な気持ちにさせる。

これに対し制作スタッフは「いよいよドゥシクがヘジンに過去のすべての話を打ち明けることになる。 胸が痛い傷を持ったドゥシクの過去をすべて知ったヘジンが、どんな選択をすることになることなのか見守ってほしい」とし、「キャラクターの中に完全に溶け込んだシン・ミナとキム・ソンホの涙腺を刺激する繊細な感情演技がポイントになるだろう。 この危機もまた『海街チャチャチャ』スタイルのとおり、興味深い展開につながる予定だ。 多くの期待と関心お願いする」と、伝えた。

一方、tvN土日ドラマ「海街チャチャチャ」第15話は、きょう(16日)夜9時に放送される。

2021.10.16

blank