「BLACKPINK」LISA、ファッションウィーク不参加で差別疑惑?…フランスのニースで近況写真を公開


ガールズグループ「BLACKPINK」のメンバー、LISAが優雅な姿を誇った。

14日、LISAは自身のインスタグラムに特にコメントはせず、数枚の写真を掲載した。写真には、フランスの南部地域であるニースでの写真を撮影したLISAの姿がおさめられた。

LISAはデニム生地のパンツにすっきりとしたジャケットをマッチさせ、格別なファッションセンスを誇った。サングラスをつけてファンキーな魅力を放った彼女はにっこりと笑い、フランスで幸せなひと時を過ごしたことが伝わる。

LISAは今月4日、「2022春夏パリ・ファッションウィーク」に出席するため、フランスのパリに出国した。しかし、正式なスケジュールには参加しておらず、ファンの注目を集めている。

LISAがグローバルアンバサダーを務めるブルガリ社のCEOジャン-クリストフ・ババン氏は今月5日、SNSを通して「LISAを招待したが、所属事務所より新型コロナウイルスを理由に不参加の意思を表した」と述べた。

これに対し、一部のファンは「LISAが所属事務所から差別を受けた」と主張した。「BLACKPINK」のメンバー、JENNIEとROSE、ジスなどは、パリで開かれたファッションイベントに出席した。

一方、LISAは初のソロアルバム「LALISA」を発表して活発な活動を繰り広げた。

WOW!Korea提供

2021.10.14

blank